なかなか治らない椎間板ヘルニアの本当の原因とは

access_time create folderエンタメ

なかなか治らない椎間板ヘルニアの本当の原因とは

 椎間板ヘルニアについて、まずは体の構造から説明していきます。

椎間板ヘルニアとは

椎間板とは、首から腰まである24個の背骨の間にあるクッションのことです。

このクッションがないと、骨と骨が「ガツッ」と当たってしまい、痛いだけでなく、滑らかな動きができなくなってしまいます。

柔らかい椎間板が骨の動きに合わせて少しずつ変形して動くことによって、体・背骨を動かしたり、骨にかかる負担を和らげることができるのです。

椎間板は、私の好きな「あんまん」で例えると、白い生地と中のあんこの2つで構成されます。

このあんこの部分を「髄核」といいます。あんこの周りの白い生地の部分を「線維輪」といいます。

髄核と線維輪をあわせて椎間板というのですが、加齢や度重なる衝撃が加わったりすると、この線維輪が破れることがあります。

あんまんも同じですが生地が破れてしまうと中のあんこが出てきてしまいますよね?

線維輪が破れてしまうと中の髄核が飛び出してきてしまいます。これが「椎間板ヘルニア」という状態です。

そして、飛び出した髄核が近くにある神経を圧迫することにより、痛みやしびれといった症状が起きてくるのです。

・今すぐ読みたい→
ヘルニアの手術をしたのに症状が治らない・・・そのワケは? https://cocokara-next.com/stress/slipped-disk-symptoms-do-not-go-away/

椎間板ヘルニアの症状

通常、腰痛やぎっくり腰のような症状が見られます。主には、

・前屈みになると痛みが強くなる
・寝たときに足が持ち上がらない
・坐骨神経痛がある
など

また、片側の腰から足にかけて激しい痛みが生じる場合もあります。この痛みは強いものが多く、数日間ほとんど満足に動けないこともあります。

典型的な場合には片側のみに症状が出ますが、時には両側に症状が出ることもあります。

さらに、症状が重いと排尿障害、運動麻痺が出るケースもあるためこの場合はすぐに医療機関の受信が必要となります。

ヘルニアの原因

ほとんどの場合、日々の生活習慣の中でかかる椎間板への負担の積み重なりが原因となります。

ヘルニアの診断を受けた方を問診していると共通して、

・長時間、車の運転をする(タクシードライバーなど)
・中腰での作業や重いものをよく持つ
・急激に腰を捻る動きをよくする(ゴルフなど)
など

腰に負担のかかりやすい生活を送っている人ほど椎間板ヘルニアを発症しやすいといえます。

椎間板ヘルニアの診断を受ける年齢は、30〜50歳代の方が多く、男性は女性と比べておよそ2倍といわれます。

年齢や性別でわかるように仕事中にかかる腰の負担が主な原因となっていると考えられます。

しかし、上記のような腰に負担のかかることをしない方でも椎間板ヘルニアを発症する人は存在します。

治療法

「椎間板ヘルニアになったら手術でしか治らない」

以前、患者さんに言われたことがありますが、決してそんなことはありません。

じつは椎間板ヘルニアは自然経過で軽快するものが多いといわれています。

様々な研究がされており、現在では「腰椎椎間板ヘルニアのおよそ80%の症例が自然経過で軽快する」と報告されています。

一般的な手術以外の保存療法は、コルセットを装着して安静、腰椎の牽引、電気治療、マッサージなどがあります。

痛みが強い場合には、腰部硬膜外ブロックなどの除痛を目的とした治療も選択されます。

万が一、排尿障害や運動麻痺が生じて手術治療となる場合、レーザー治療、内視鏡によるヘルニア摘出術、手術用顕微鏡によるヘルニア摘出術があります。

しかし、前述したように自然に軽快する場合がほとんどですので、慌てて手術を考える必要はなく、むしろ腰に負担がかかる生活習慣を変えることが第一優先です。

同じ姿勢を長時間続けたり、急激に椎間板に衝撃が加わることにより椎間板内圧が上昇し、ヘルニアを引き起こします。

椎間板の内圧が上がらない姿勢や体の使い方を身に付けることで症状の悪化を防げます。

内圧が上がりやすい姿勢は、立位を100と基準にした場合、座位姿勢は140となり、立位よりも負担が大きい姿勢となります。

最も負担が少ないあおむけ寝が25、最も負担が大きい姿勢は、座って前屈みになり、荷物を持つ姿勢が275です。
(引用:The load on lumbar disks in different positions of the body.Nachemson A:Clin Orthop Relat Res.1966 Mar-Apr;45:107-22)

こういった日常的に繰り返される負担のかかる姿勢や体の使い方、いわゆるクセを変えることで椎間板ヘルニアはよくなっていきます。

自分のクセがわからない、わかっていても修正の方法がわからない方はとても多いです。

ジタンボディで体のクセを改善しましょう。

[文:JITANBODY 整体院(時短ボディ)(http://jitanbody.com/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
ヘルニアの手術をしたのに症状が治らない・・・そのワケは? https://cocokara-next.com/stress/slipped-disk-symptoms-do-not-go-away/


関連記事リンク(外部サイト)

ヘルニアの手術をしたのに症状が治らない・・・そのワケは?
知っているようで知らない!腰椎椎間板ヘルニアとは
CRPSという病気をご存知ですか?

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧