この家には“何か”がいる…… ブラムハウス製作×ケヴィン・ベーコン主演『レフト -恐怖物件-』2月リリース[ホラー通信]

access_time create folder映画
『レフト -恐怖物件-』

ブラムハウス・プロダクションズ製作のホラー映画『レフト -恐怖物件-』(原題:You Should Have Left)のブルーレイ&DVDが、2021年2月3日に発売される。

主人公のテオは、若い女優・スザンナと結婚した中年男。しかし、お互いのことが信用できず、不信感が募っていた。ある日、子供とともに田舎町の一軒家で休暇を過ごすことになるが、次第に不可思議なことが起こり始め、その家の古い地下室を発見する……。

『レフト -恐怖物件-』

テオを演じるのは、ブラムハウス製作のホラー映画『ダークネス』(16)にも主演したケヴィン・ベーコン。妻のスザンナを『レ・ミゼラブル』『マンマ・ミーア!』のアマンダ・サイフリッドが演じる。監督・脚本は、『エコーズ』『シークレット・ウィンドウ』のデヴィッド・コープ

予告編では、一家が体験する奇妙な出来事の一部を見ることができる。「壁に変な影が映る」と訴える幼い娘。テオのノートにいつの間にか現れた「出ていけ」という走り書き。テオが振り返っても、窓ガラスに映るテオは振り返らない

『レフト ー恐怖物件ー』 ブルーレイ+DVD
2021年2月3日発売

製作国:アメリカ 製作年: 2019年 原題: You Should Have Left
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

『レフト -恐怖物件-』 『レフト -恐怖物件-』 『レフト -恐怖物件-』 『レフト -恐怖物件-』 『レフト -恐怖物件-』 『レフト -恐怖物件-』 『レフト -恐怖物件-』

(C) 2020 Universal Studios. All Rights Reserved.

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧