ロケットラボ、第一段ロケットの洋上回収に初成功

access_time create folderデジタル・IT
ロケットラボ、第一段ロケットの洋上回収に初成功

エレクトロンロケット(Credit: Rocket Lab)

米ロケットラボは、ニュージーランド現地時間11月20日午後3時20分、マヒア半島に位置する専用の発射場からエレクトロンロケットを打ち上げました。ロケットには約30基の小型衛星が搭載され、無事に軌道投入。また、同社として初めて打ち上げ後の第一段ロケットを地球へ帰還させ、回収することに成功しています。

ロケットラボによると、発射から2分30秒後、ロケットの第一段と第二段を分離し、第一段のエンジンを停止して機体の向きを変更。その後、主パラシュートを開くための小パラシュートを開き、第一段を安定させたのち主パラシュートを開いて洋上に着水。着水後、同社の専用の船が第一段ロケットを整備場へ戻し、検査を行うということです。

なお、ロケットラボは、打ち上げ後の機体を地球へ帰還させ回収した、世界で2番目の民間会社となりました。

Credit: Peter Beck Twitter

 

Image Credit: Rocket Lab, Peter Beck Twitter
Source: Space News, Rocket Lab
文/出口隼詩


関連記事リンク(外部サイト)

初の「商業エアロック」、宇宙ステーションに2019年に設置へ 米ナノラック社
スペースX宇宙船は2018年2月に無人飛行、6月に有人飛行 同年にはボーイング製も NASAが計画公開
「アンタレス」ロケットの失敗、AR社がオービタルATK社に5000万ドルを支払うことで決着

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧