iPhone 13には興味深いバッテリー設計が採用されるかも

access_time create folderデジタル・IT
iPhone 13には興味深いバッテリー設計が採用されるかも

現在、スマートフォンに使用されているバッテリーのほとんどは同じもので、違いはその容量だけです。ただし、iPhone 13でAppleは「ソフトボードバッテリー」と呼ばれる技術を採用しようとしている可能性があり、少なくともアナリストのMing-Chi Kuo氏はそれを投資家向けのリサーチノートに記しています。

Kuo氏によると、ソフトボードバッテリー技術に移行する理由の一つは、iPhone内のスペースを節約し、デバイスの製造コストを削減するのにも役立つからです。この省スペース効果の結果、Appleがより大きなバッテリーを導入するのか、その空いたスペースを他の部品の為に利用するのかは確かではありません。

今回、iPhone 12は新デザインを採用し、従来の機種よりもスリムになりました。残念ながら、Appleはより小さなバッテリーを内蔵することを選択しましたが、これは十分なスペースが無かった結果かもしれません。もし、このソフトボードバッテリー技術に関する噂が本当なら、おそらくその追加スペースはより大容量なバッテリーを搭載する為に使われ、バッテリーライフの改善に繋がる可能性があります。

iPhone 13関連の他の噂では、カメラがアップグレードする可能性も含まれていますが、Appleは引き続き同じデザインを使用するようです。いずれにせよ、iPhone 12がリリースされたばかりでiPhone 13について考え始めるには少し早過ぎるので、あくまで噂として楽しみましょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post iPhone 13には興味深いバッテリー設計が採用されるかも first appeared on Ubergizmo JAPAN.


関連記事リンク(外部サイト)

Nintendo Switch Proは2020年中に登場する?
iOS用Alexa、音声操作はじまる
持続可能な社会インフラとなりえる農と食を提供する「プランティオ株式会社」【#plantio】

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧