太陽に近い色温度の光で起床できる光目覚まし時計 フィリップスが「SmartSleep ウェイクアップ ライト」を11月26日に発売へ

access_time create folder生活・趣味

フィリップス・ジャパンは11月16日、睡眠領域へのソリューション「SmartSleepシリーズ」の新製品「SmartSleep ウェイクアップ ライト」を発表。同日から予約受付を開始し、11月26日にAmazonと楽天市場で販売を開始します。

色温度の低い赤色から徐々に時間をかけて白色に変わることで、太陽の光を浴びて目覚めたような体験ができる光目覚まし時計。朝日や夕陽の色温度2000Kに近い1500~2800Kの色温度で光を変化できます。日の出や日没の光と同様に、温度の変化により色が変わる“黒体軌跡”に沿って発色が変化。実際の太陽が時間とともに色を変化させる様子を再現しています。ライトの明るさは20段階で調整が可能。

目覚まし機能「ウェイクアップライト」の他、夕陽をヒントに日没後のように徐々に暗くすることで眠りをサポートする「スリープライト」、読書灯や常夜灯として利用できる「ベッドサイドライト」、野鳥のさえずりやハープ、波音など5種類のヒーリング音源から選べる「アラーム」、「FMラジオ」の機能を搭載します。

本体デザインはシンプルでモダン。インテリアとして部屋に置いて違和感のないデザインです。希望小売価格は1万4960円(税込み)。

access_time create folder生活・趣味

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧