2度目のロックダウンとなるイギリスでバーガーキングのツイートが賛否を呼ぶ

access_time create folder政治・経済・社会

11月5日から12月2日まで2度目のロックダウンが発表されたイギリス。そんな中、イギリスのバーガーキング(BK)が投稿したツイートが賛否を呼んでいます。


https://twitter.com/BurgerKingUK/status/1323246831686606851

「こんなことを言うことになるとは思いませんでした」というツイートに貼られた画像には、「多くの従業員を抱えている飲食店をサポートするため、BK以外の飲食店(マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、サブウェイ、ドミノピザ、ピザハットなど)の宅配、テイクアウト、ドライブスルーも利用してください」という旨が記載されています。

このツイートに対し「品がある」「リスペクト」「ありがとう」といった好意的な声が多く寄せられています。


https://twitter.com/FrogginWetBeav/status/1323267287089106944

一方で、「どれも大企業じゃんか。地域に密着した飲食店で注文しないと」という批判的な声も多く寄せられています。


https://twitter.com/Crawfy2k9/status/1323252124822679558

「マクドナルドの純資産は3兆2844億円。大企業は大丈夫だよ。サポートするなら地域の小規模飲食店」


https://twitter.com/GermaneQueer/status/1323296368371249152

イギリスのBKの賃金一覧の画像と共に「生活できるだけの賃金を従業員に支払え」というツイートも見受けられました。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/BurgerKingUK/status/1323246831686606851

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧