【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

access_time create folderエンタメ
【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

歴史ファンだけでなく幅広い層に人気の『三國志』。これまでに何度も映像化されてきたが、今度は何と「ユルいコメディの帝王」福田雄一が映画化した『新講釈・三國志』(12月11日公開)。おなじみのキャラを大泉洋や「福田組」の常連俳優たちが怪演して今までのイメージを完全に破壊!福田版『三國志』についてご紹介!

『新講釈 三國志』あらすじ(ネタバレなし)

【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

©2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

『三國志』についての新しい解釈を生み出したと言う歴史学者・蘇我宗光(西田敏行)の講義という形で、映画は進んでいく―――。
今から1800年前の中国大陸。中華統一をめぐって魏・蜀・呉の三国が争っていた。そんな中、蜀の武将・劉備(大泉洋)は義兄弟の盃を交わした関羽(橋本さとし)や張飛(高橋努)とともに立ち上がり、義勇軍を組織する。
独裁者となっていた董卓(佐藤二朗)には最強の将軍と言われていた呂布(城田優)がついていた。劉備の忠実な臣下・趙雲(岩田剛典)は、「絶世の美女」貂蝉(渡辺直美)を董卓らの下へ送り込み、二人を仲違いさせるという奇策を講じる。作戦は図に当たり、貂蝉をめぐって争った挙句、呂布は董卓を殺害してしまう。
やがて、魏と戦うため蜀と呉は同盟を結ぶ。劉備の命を受け呉の皇帝・孫権(岡田健史)の下へ使者として向かった天才軍師・諸葛亮孔明(ムロツヨシ)は、呉が降伏ムードに包まれていることを知ると、孫権を補佐する周瑜(賀来賢人)に、魏の軍勢を率いる曹操(小栗旬)が周瑜の妻・小喬(山本美月)を狙っていると告げる。激怒した周瑜は一転して開戦を主張、80万の魏軍に対して3万の蜀・呉連合軍という圧倒的な兵力差がある両軍による「赤壁の戦い」の火ぶたが切って落とされる…。
というのが『三國志』で伝えられている歴史なのだが…。

【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

©2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

マジメに観てはいけない『三國志』

【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

©2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

「あらすじ」にもあるように、基本的なストーリーは『三國志』や『三國志演義』に登場するおなじみの史実や逸話に基づいたものではあるし、もちろん合戦などのシーンでは真剣なアクションもあるのだが、全体的に見ると『三國志』をネタにしたいつもの福田ワールド。会話に現代語や横文字が出てくるのは当たり前、会話の7割がボケとツッコミ。知恵と勇気に満ちていたはずの『三國志』の武将たちが、威厳や聡明さなどがほとんど感じられない「イタい」キャラになって登場するのだ。しかも彼らに扮しているのが、福田作品の常連であるクセ者俳優ばかり。とても“まとも”な『三國志』映画になるとは思えない。だから、間違っても「日本人が演じてはいるけれど、ちゃんとした『三國志』の映画化」を期待してはいけない(多少、映画に詳しい人なら、監督が福田だという時点でそんな勘違いは犯さないだろうが)。
かつて福田はテレビで、ムロツヨシが歴史上のさまざまな有名人物に扮する『新解釈・日本史』の監督と脚本を担当したことがある。本作も、その方法論を応用したものと言っていいだろう。
しかし、この作品のトリッキーなところは、そのように一見『三國志』の世界をぶち壊しているように見えて、笑いに変えることで(もちろん全部ではないが)『三國志』の中で描かれている歴史の流れや人間関係で、より分かりやすくなっている(部分がある)という意外な(?)効果も産んでいる。福田は自分の監督作品は脚本も自ら執筆しているが、もちろん今回も同様。しかし、『三國志』をネタにするということは、当然その深い部分まで研究し理解しないと面白いものにはならない。そういう意味では、笑いという装飾が施されてはいるものの、やはりこれもれっきとした『三國志』映画なのだ。

【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

©2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

初タッグと常連の見事なアンサンブルが実現した「福田組」オールスター大作!

【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

©2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

では、改めて本作の「ぶっ飛び『三國志』キャラ」に扮した豪華な出演者をご紹介しよう。
主人公の劉備に扮した大泉洋は、テレビの『いぬ会社』などへの出演経験はあるものの、映画への出演は初めて。両者にとって初の本格的タッグと言っていいだろう。大泉的にはむしろ『水曜どうでしょう』ノリで、セリフのほとんどがボヤキとツッコミ、やる気がなくていい加減という意表を突いた劉備像を描き出した。
大泉の劉備にツッコまれまくる、完全に漫才の相方状態になっている孔明役は、福田組の中でもトップクラスの常連・ムロツヨシ。伝説の軍師もイメージとは正反対のテキトーで恐妻家というとんでもないキャラに変貌している。彼とともに福田組の「両巨頭」を務める佐藤二朗も董卓役で出演しているが、「いつもの調子」なので“暴君”と言うよりただの面倒くさいおっさん(笑)。
『今日から俺は!!』の主演などで彼らに続く「福田組第三の男」賀来賢人も、孔明の策略に簡単に引っかかってしまう周瑜役で登場。彼の他にも、福田の映画監督デビュー作『大洗にも星はふるなり』(2009)やテレビ『勇者ヨシヒコ』などにたびたび出演している山田孝之、『銀魂』の小栗旬、近年の作品でヒロイン役をたびたび務めている橋本環奈ら、主演クラスのスターたちが端役で登場するという贅沢さ。
山本美月や城田優も過去に福田作品への経験があるし、『今日から俺は!!』からは磯村勇斗や矢本悠馬も出演。まさに気心の知れた顔触れが揃っているのだ。
一方、福田作品初登場やなじみの薄い俳優たちも、適材適所かつユニークなキャスティングになっている。
劉備の“義兄弟” 関羽と張飛は、ともに舞台出身の橋本さとしの高橋努のイカツい系コンビ。
大人気の岩田剛典のナルシスト風趙雲や「歌舞に優れた(「当時の感覚では」)絶世の美女・貂蝉役の渡辺直美はセルフパロディ的。
映画デビューを果たしたばかりの今年だけでも(公開が延期になった作品も含めて)5本の映画に出演した若手注目株の岡田健史はここでも孫権役という大抜擢。
そして、ナレーター的役割も務めている蘇我役の西田敏行も、アドリブかと思わせるような部分も交えながら、(一見)大真面目に「福田版『三國志』」の世界を解説している。赤壁についての説明は爆笑必至だ。さらに、シークレットで意外な人気女優がちょっとだけ登場するのも見逃せない。
スタッフ・キャスト一丸となって「マジメにふざけた」歴史ドラマ。奇才・福田雄一がさらに飛躍しそうな快作だ。

【新講釈・三國志】福田雄一ワールド全開!強烈キャラばかりの無責任三國志のあらすじと見どころ

©2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

映画『新解釈・三國志』公式サイト


関連記事リンク(外部サイト)

【とんかつDJアゲ太郎】演技派イケメン北村匠海が新境地!?音楽と笑い満載の話題作のあらすじと見どころ!
【ぐらんぶる】海中の美しさと個性が強過ぎるキャラ軍団の暴走が妙にマッチした異色の青春コメディ!
【家で元気になれる映画傑作選】日本の喜劇映画の枠を吹っ飛ばしたクレージー・キャッツのコメディ3選!

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧