【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

access_time create folderエンタメ
【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

栃木県の益子町にある「益子陶芸美術館」で、2020年6月28日から11月8日まで開催されている陶芸展『英国で始まり ―濱田・リーチ 二つの道―Started it in England : Hamada and Leach, in Two Ways』へ行ってきました。

イギリスと日本を代表する陶芸家、ふたりの展示

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

 日本の陶器の産地として有名な益子。イギリスも日本の陶芸も好きな私は前から行ってみたかったのですが、今回大好きなふたりの陶芸家、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展があるということで、行ってみました。東京から車で、約2時間半の道のりです。
イギリス人陶芸家バーナード・リーチと、日本人陶芸家の濱田庄司。ふたりは今から100年前、日本から一緒にイギリス南西部、コンウォールの港町・セントアイヴスに渡り、東洋の陶芸を広めました。それがイギリス近代陶芸の基礎になりました。
 特別展のタイトル「英国で始まり」というのは、濱田庄司の有名な言葉「私の陶芸の仕事は、京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」という一節からだそうです。

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

益子陶芸美術館の入り口

バーナード・リーチ(1887~1979年)は香港生まれ、関西育ちのイギリス人。その後父親の仕事の都合で、香港、シンガポールに住み、イギリスで教育を受けます。その後イギリスの美術学校を出てから日本に戻り、日本の民芸運動の祖として有名な柳宗悦と仲良くなるうちに陶芸を学び、日本で陶芸家になります。
 このときリーチと友人になった陶芸家・濱田庄司は共にイギリスへ渡り、「リーチ・ポタリ―」という窯を開きます。リーチの作品はアートとしての陶芸ではなく、実用的な日用品としての陶芸を愛し、作りました。リーチの日本の友人、柳宗悦の息子、柳宗理のデザインによる鍋や食器などの日用品は、今でもインテリア・ショップの人気商品としてよく見かけるように、リーチたちの作品は、私たちの生活から離れたところにあるものではなく、使って楽しむものだというところが好きなポイントです。
 濱田庄司の陶芸は、リーチよりもう少しアーティかな? けれどリーチと共通する、クラフト系の陶器は、色と形にとても魅力があります。

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

バーナード・リーチ≪楽焼飾皿≫1919年

©The Bernard Leach Family,DACS&JASPAR 2020 E3749

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

濱田庄司≪壺≫1923年

©益子陶芸美術館のチラシより

濱田庄司は1923年にロンドンで初の個展を開催、陶芸家としてデビュー。濱田の作品はイギリスで絶賛され、現在でも人気がある。私も最初、イギリスの友人に教えてもらった

リーチ系の作品で好きなのは「スリップウエア」。古くは紀元前から世界中で作られたという陶器です。産業革命などによりすたれていたものを、リーチが再発見しました。
私はイギリス、ロンドンにある博物館「ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム」で初めてスリップ・ウエアを見てから、好きになりました。いつかセントアイヴスにある「テート・ギャラリー」の別館で、リーチ・ポテリーの作品を見たいものです。

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

マイケル・カーデュー≪鷺文楕円皿≫1928年

©The Estate of Michael Cardew

バーナード・リーチの最初の弟子、マイケル・カーデューのスリップ・ウエア。「スリップ」と呼ばれる粘土と水を混ぜた泥状のものを使い、皿に装飾をほどこす製法が特徴

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

旧濱田庄司邸

益子陶芸美術館がある益子メッセ内にある、旧濱田庄司邸。1923年に移り住み、1930年から創作活動の拠点とした

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

益子散歩:益子陶芸美術館 濱田庄司氏旧宅

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

登り窯

濱田庄司が愛した登り窯を復元したもの。旧濱田庄司邸横にある、

【イギリスの陶芸】益子陶芸美術館、バーナード・リーチと濱田庄司の特別展

©アルバン・ロイナルド 益子陶芸美術館

「セントアイヴス・ヘッド」という、コンウォール地方の最南端。野外劇場として有名なミナック・シアターも近隣にある

東京でバーナード・リーチや濱田庄司の作品を見たい場合は、目黒区駒場にある日本民芸館へ。リーチの友人であった柳宗悦によって設立されたもので、リーチや濱田庄司の作品だけでなく、イギリスのアンティーク・スリップウエアや、宗像志功などの日本の民芸作品が展示されています。
日本民藝館の館長は、初代は柳宗悦自身、2代目が濱田庄司、3代目は柳宗理が就任しました。

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子

★日本民藝館 https://mingeikan.or.jp/


関連記事リンク(外部サイト)

【英国菓子の新刊】大人気英国菓子教室「モーニングトン・クレセント」初レシピ本発売
【アガサ・クリスティーのアフタヌーンティー】帝国ホテル開催の英国フェアに行ってきました!
【放送直前!先取りレビュー】『マクドナルド&ドッズ 窓際刑事ドッズの捜査手帳』

access_time create folderエンタメ
海外ドラマboard

海外ドラマboard

海外ドラマのニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキングなどを掲載している海外ドラマサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧