現代日本人の腸内環境は「発がん物質まみれ」

access_time create folder生活・趣味

現代日本人の腸内環境は「発がん物質まみれ」

厚労省の人口動態統計(2018年)によると、日本人の死因の1位は悪性新生物、つまり「がん」です。星子クリニック院長の星子直美医師によると、腸内環境の悪化が大腸がんや乳がん、そして多くの生活習慣病とも関係していると言います。

※本記事は、星子尚美:著『腸のことだけ考える』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

自覚症状があまりない大腸がん

がんという病気には、社会や環境の変化の影響が強くあらわれます。例えば、ひと昔前までは日本人のがんで一番多いのは胃がんでした。原因は、塩分の過剰摂取とヘリコバクター・ピロリ菌などによる水(井戸水)の汚染です。減塩運動が進み、上水道が完備された今日においては、胃がんは減少傾向にあります。

これに代わって増加したのが大腸がんや乳がん。大腸がんは女性のがん死の1位、男性のがん死の3位です。

原因は食生活の欧米化と言われています。

日本人の食生活が大きく変わり、現代人は肉や乳製品の多い洋食を好んで食べるように なりました。動物性〔といっても魚ではなく獣肉〕の脂質やたんぱく質の多い食事は、消化吸収に時間がかかり、腸に大きな負担がかかってしまいます。便秘も起こしやすくなります。

そして、こうした食品は腸内でも特に悪玉菌が好み、大腸菌やウェルシュ菌などが消化する際に、さまざまな有害物質を生成します。また長く腸内に留まることで酸化が進み、栄養成分としても劣化していきます。食品の酸化と滞留、便秘、悪玉菌の増加、有毒物質の生成、これらとともに起こるのが活性酸素の大量発生です。

活性酸素の約90%は、腸内の悪玉菌によって発生しています。こうして腸内環境が「発がん物質まみれ」の状態になっていくのです。大腸でがんが発生しても、自覚症状はあまりありません。また腸のどこに、がんができるかによっても異なります。


▲大腸がんはあまり自覚症状が出ない イメージ:PIXTA

血便が出たり、がんが便通を阻害して便秘になったりするといった症状が出るのは、がんがかなり大きくなってからのことです。また血便は痔(じ)と間違われやすく、がんの発見が遅れやすくなる要因のひとつです。ちなみに、大腸がんの標準治療は手術です。がんの組織を、いかにきれいに取りきるかが治療の成否を決めます。

大腸がんは、抗がん剤や放射線による治療効果があまり期待できないとされています。なので、手術の成否に結果が左右されやすいのです。

乳がんも食事の欧米化が関係している

最近、日本人女性で増加しているもうひとつのがんが、乳がんです。統計によると、1970年代に1万人ほどだった患者数が、1990年代には3万人と約3倍に急増しています。原因はいくつかありますが、ひとつは大腸がんと同様、食事の欧米化です。

特に動物性の脂肪摂取が影響しているようです。乳がんの発生には女性ホルモンの一種、エストロゲンが関わっていますが、このホルモンは卵巣だけでなく脂肪組織からも分泌されているため、体脂肪の増加はリスク要因です。

また乳がんは仕事を持つ女性、都市部の女性に多いことから、精神的ストレスによって腸内環境が著しく悪化することからくる、ホルモンバランスの悪化が発症に関わっているようです。


▲ストレスのない生活習慣を心がける イメージ:PIXTA

何度も言うように、動物性の脂肪摂取の増加は腸内環境を悪化させ、全身に届けられる 栄養成分を酸化、劣化させます。また腸内だけでなく、カラダの各所で大量の活性酸素を発生させ、細胞および遺伝子を損傷してがん化させます。さらにストレス等の生活習慣ががん化を促進します。

大腸がんと同様に乳がんも、原因はかなりはっきりしています。だからこそ防ぎうるがんなので、まずは腸内から対策をしっかりとしていきたいところです。

高脂肪食が腸内環境を悪化させる

大腸がん・乳がんだけではなく、腸内環境の悪化は多くの生活習慣病と関係があります。

糖尿病は、その代表的な病気と言っていいでしょう。この病気のカギとなるのが膵臓のβ細胞から分泌されているインスリン。細胞がブドウ糖を取り込むために働くホルモンです。

糖尿病になるとインスリンが減少、あるいは細胞がインスリンをうまく受け付けなくなって(インスリン抵抗性)、ブドウ糖が血中にダブつくようになります。これがいわゆる高血糖です。ダブついた糖は次第に体中で悪さをするようになり、壊疽(えそ) や腎症、網膜症など恐ろしい合併症を引き起こします。 

最近の研究によると、糖尿病患者の場合、高脂肪の食品が腸内細菌のバランスを狂わせ、 有害物質を生み出していること、また本来は腸内にしか生息しない腸内細菌が、血中に漏れ出ていることがわかってきました。


▲高脂肪食が腸内環境を悪化させる イメージ:PIXTA 

有害物質も腸内細菌も、全身を巡りながら慢性の炎症を引き起こし、細胞におけるインスリン抵抗性を高めている――つまりインスリンの効き目が悪くなり、糖の取り込みができづらくなっていることがわかっています。 

一般的に糖尿病は、過食による肥満に関係していると思われていました。昔から贅沢病などといい、おいしいものの食べすぎが原因ではないかというわけです。実体はそれほど単純ではありませんし、やせ型でも糖尿病になる人はいます。しかし、高脂肪食が糖尿病の症状を引き起こしているのは、ひとつの事実のようです。


関連記事リンク(外部サイト)

ビタミン・乳酸菌の補給には漬物。日本には600種類以上もある
1兆個以上ある免疫細胞。感染症から体を守る「腸」の役割
感染症予防にはコレを食べよう! 病気知らずな名医の朝ごはん

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧