声優・小岩井ことりさんが自身でプロデュースするAMSRレーベル「kotoneiro」設立へ! 第1弾は小岩井ことりさん&愛美さん、第2弾は藤井ゆきよさんが出演!!

access_time create folderエンタメ

 2020年10月20日(火)、声優・小岩井ことりさんが新企画発表WEB生放送にて、自身がプロデュースするASMRレーベル「kotoneiro」の設立を発表した。

 同時に作品の配信も告知され、出演キャラクターの仕事を題材にしたシリーズ「おしごとねいろ」の第1弾作品『家庭教師 奥池未鈴』(CV.小岩井ことり)、『美容師 和澄あかり』(CV.愛美)が、同日DLsiteにて販売開始となった。

小岩井ことりさん

 声優、作詞家、作曲家。ピアレスガーベラ所属。MIDI検定1級所持。自他共に認めるオーディオマニアでもある。全人口の2%のみが入ることの出来る高IQ団体であるMENSAの会員。

<出演作品>
・『のんのんびより』宮内れんげ役
・『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』天空橋朋花役
・『七つの大罪』エレイン役
・『アイカツ!』大地のの役
・『白猫プロジェクト』フラン役
・『アズールレーン』涼月役 など

音をこだわり抜いたAMSR作品!

 「kotoneiro」企画発表会の生配信は10月20日(火)20時からスタート。MC・小岩井ことりさんとゲスト・愛美さんが登場し、企画発表前にお互いの出会いが語られた。

 ふたりが出会ったのは、小岩井さんが出演したアニメ作品。愛美さんが主題歌を担当されていたことがキッカケとなり、話をするようになったという。また、その後は『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』にて共演し、一緒に歌う機会もあり、より中を深めていった。ただし、楽屋やリハーサルなどでは話すことはあるが、今回の生放送のように番組で話をするのは珍しいという。

 そして、番組中に小岩井さんが、自身がプロデュースするAMSRレーベル「kotoneiro」を発表。「癒やしの音色を、あなたの耳に。」をテーマに掲げ、疲れたリスナーの耳を癒やす、高品質・高音質な音声作品を制作するという。

 AMSRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略称で、聴覚・視覚から感じる刺激で、脳がゾクゾクするような心地よい感覚のこと。YouTubeなどの動画サイトでも人気のコンテンツで、プロの声優が出演する作品も少なくない。

 「kotoneiro」作品は、声優界のオーディオ・インフルエンサーとして知られる小岩井さんが、音質にこだわり抜き作り上げたプライベートスタジオにて収録。

 メインマイクは、最高級クラスのバイノーラルマイクとされる「Neumann KU-100」を使用。さらに、KU-100では拾いきれないハイレゾ帯域をカバーするため、50kHzまでの広帯域収音が「Sony C-100」の音をブレンドすることで、高周波数域までをしっかり音源に収めているという。

 販売形式に関しては、データ容量が軽く気軽に聞けるmp3(256kbps)音源・CD クオリティの44.1kHz/16bit WAV音源・最上級ハイレゾクオリティの96kHz/24bit FLAC 音源の3種類を同梱販売。ユーザーそれぞれの好み・環境に合わせた音質で聞くことができる。

豪華出演キャスト陣に注目!

 番組で発表された作品第1弾の出演キャストは小岩井さん本人に加え、『バンドリ!』シリーズの戸山香澄役/『アイドルマスター ミリオンライブ!』ジュリア役などで知られる愛美さんが美容師役を担当。なお、愛美さんは、今作では初めてダミーヘッドマイクでの収録を行ったという。

 今後予定されている第2弾は、『美少女戦士セーラームーンCrystal セーラーサターン』役/『アイドルマスター ミリオンライブ!』所恵美役などで知られる、藤井ゆきよさんがペットトリマーを演じる。聞いている側はペットになるという、なんとも斬新な試みだ。

 今後は、新作を毎月リリースすることを目標に製作しているという小岩井さん。女性声優はもちろん、男性声優にもお願いできたら……と、希望を語った。

 なお、新レーベル設立&公式Twitter(@Kotoneiro_ASMR)開設を記念して、ふたりのサイン色紙やVRに特化したイヤホン『final VR3000』をプレゼントする特別キャンペーンが開始。詳しくは公式Twitterにて。

 番組の最後は、ふたりが改めて作品をおさらいし、今後の意気込みなどを語った。

 第1弾作品は、DLsiteにて本日(20日)から1週間のみ20%OFFなので、気になる方は販売サイトをチェックしてほしい。

(執筆者: sasuke_in)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧