劇場版「鬼滅の刃」公開3日間で動員340万人・興収46億円で歴代1位スタート!作品満足度は98.4%

access_time create folder映画

10月16日(金)に全国公開となり、初日の興行収入10億円超えで好スタートを切った『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開初日3日間の興行成績と初日アンケート結果が報告されました。

2019年に放送が開始されたTVアニメ『鬼滅の刃』。同年9・10月に放送された最終話で、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)とその仲間たちが、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じました。その無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が10月16日(金)に全国公開となり、10月17日(土)にはTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、監督・キャスト・主題歌アーティスト登壇による舞台挨拶を実施、全国206館の映画館へ生中継も行われました。

10月16日~18日の興行成績は以下。

10月16日(金) 観客動員:910,507人  興行収入:1,268,724,700円
10月17日(土) 観客動員:1,270,234人 興行収入:1,701,723,350円
10月18日(日) 観客動員:1,239,752人 興行収入:1,652,669,400円

<初日・3日間の興行成績>
10月16日(金)・17日(土)・18日(日) 3日間成績 
全国403館(IMAX 38含む)
計3,420,493人   4,623,117,450円

2020年10月19日東宝、アニプレックス

16日(金)の興行成績は平日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員の歴代1位となり、また、17日(土)・18日(日)も同じく、土日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員歴代1位となりました。

東宝・アニプレックスは、

「ご覧いただいたすべての皆様に、そして、多くの方にご覧いただける環境で本作を公開いただいた映画館関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。これからの興行でも、原作ファン・アニメファンとともに、幅広い層の皆様に作品を届け、一人でも多くの方に作品を楽しんでいただける様に興行を続けて参ります。」

と述べています。

また、パソコンと携帯電話を使ったWEB初日アンケートによると、映画の満足度は、「非常に良かった」84.6%、「良かった」13.8%を合わせて98.4%と非常に高い満足度になっています。

関連記事:
ミニサイズで炭治郎・善逸・伊之助・義勇の刀が手に入る!『鬼滅の刃』日輪刀モチーフの金属製菓子切&羊かんセット
https://getnews.jp/archives/2767460

access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧