ウイスキー初心者必見! 定番の銘柄を一挙紹介

access_time create folderグルメ
ウイスキー初心者必見! 定番の銘柄を一挙紹介

初心者にもオススメのウイスキーって?

初心者にもオススメのウイスキーって?
Shkee / Shutterstock.com

ウイスキーの定番銘柄を知る前に、基本情報をおさらい

はじめに、ウイスキーとはどんなお酒なのか、かんたんに概要を確認しましょう。
ウイスキーとは、「穀物を原料として糖化、発酵、蒸溜を行い、木製の樽で熟成したお酒」のこと。蒸溜酒に分類され、平均的なアルコール度数は約40~43度と高め。同じ蒸溜酒でも本格焼酎は約20~25度くらい、醸造酒と比較すると、ビールは約4~5度、ワインは約12~14度、日本酒は約15~16度くらいが中心なので、ウイスキーは同じお酒のなかでも、アルコール度数の高いお酒といえるでしょう。
アルコール度数の高さは、ウイスキー初心者が「飲みにくそう」と敬遠するひとつの理由になっているかもしれません。しかし、飲み方次第で、ビギナーでも飲みやすい1杯をたのしめるのがウイスキーの魅力です。
アルコール度数40度前後! ウイスキーのアルコール度数はなぜ高い?

ウイスキーの定番銘柄は、5大産地から選ぼう

ウイスキーはさまざまな国で造られていますが、一般的に、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本の5か国が「ウイスキーの5大産地」として挙げられています。このなかでも、とくに穏やかで飲みやすいといわれるのは、日本産とカナダ産のウイスキーです。ウイスキー初心者はまず、この2つの産地から飲み始めてみるとよいでしょう。
また、ウイスキーの特徴のひとつに「スモーキーな香り」があります。スコットランドのスコッチウイスキーに特徴的な香りで、多くの愛飲家を惹きつけていますが、ウイスキー初心者のなかにはこの香りが苦手という人もいます。初心者の場合は、ウイスキーに慣れてきたころに試してもよいかもしれません。
なお、スモーキーな香りのウイスキーは、スコッチをお手本に造られている日本のウイスキーの銘柄にもありますが、スコッチと比べると穏やかです。

初心者はここからスタート!ウイスキーの選び方のコツ

初心者がウイスキーを選ぶときのポイントとなるのが、以下の3つです。ウイスキーを購入するときの参考にしてみてください。

【小瓶タイプのウイスキーから始める】

コスパで選ぶなら大容量のウイスキーですが、はじめのうちは小瓶タイプのウイスキーを選ぶのが無難。200~400ミリリットル程度の小瓶タイプは、酒屋さんだけでなくコンビニやスーパーなどでも気軽に購入できます。

【手ごろな価格のウイスキーを選ぶ】

はじめから高級路線のウイスキーを選ぶ必要はありません。まずは購入しやすい価格帯のものを選び、好みの味わいの方向性や、好きな銘柄が見つかったら、少しずつ予算を上げていくと失敗しにくくなるでしょう。

【国内の定番銘柄を購入する】

知名度の高い銘柄は、得てして飲みやすい銘柄でもあります。はじめのうちは、スーパーでよく見かける銘柄や、テレビCMで目にすることの多い銘柄などを購入してみるのもよいでしょう。
国内の蒸溜所で造られるジャパニーズウイスキーは、総じて飲みやすいウイスキーといわれています。

1度は聞いたことがある!? ウイスキーの定番銘柄

1度は聞いたことがある!?  ウイスキーの定番銘柄
Jag_cz / Shutterstock.com

初心者にオススメ! ウイスキーの定番銘柄:国内編

ジャパニーズウイスキーは、近年、国内のみならず海外からも高い評価を得ています。ここでは、お手ごろ価格の定番銘柄を見ていきましょう。

【サントリー 角瓶】

ジャパニーズウイスキーの定番中の定番ともいえるのが「角瓶」です。「ウイスキーといえば角」と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 甘味のある香りとすっきりとした後味が特徴です。
製造元:サントリーホールディングス株式会社
公式サイトはこちら
ウイスキーの定番「角瓶」の歴史と人気の秘密

【ブラックニッカ クリア】

髭を生やしたおじさんのロゴが有名な「ブラックニッカ クリア」も、日本の定番ウイスキーです。モルトを乾燥させる際にピート(草炭)を焚いていない「ノンピートモルト」なので、クセがなく、やわらかな香りとまろやかな味わいをたのしめます。
製造元:ニッカウヰスキー株式会社
公式サイトはこちら
ウイスキー初心者にもおすすめ「ブラックニッカ」

【トリス クラシック】

トリス最大の魅力がコスパのよさ。一般的に、手ごろなものでも1,000円程度、高ければ数千円、数万円する700ミリリットルのウイスキーが、700~800円前後で購入できます。
戦後間もない時代から日本人の舌をたのしませてきた「トリス」は、甘い香りとなめらかな味わいが特徴です。毎日でも飲みたいウイスキーブランドとして、長く愛され続けています。
製造元:サントリーホールディングス株式会社
公式サイトはこちら
「アンクルトリス」は昭和の時代からウイスキー好きに愛され続けるキャラクター

ウイスキーの定番銘柄:海外編

続いて、海外ウイスキーの定番銘柄を紹介します。お店などでもよく見かける、世界的にも有名な銘柄も押さえておきましょう。

【カナディアンクラブ】

「C.C.」の愛称で親しまれている「カナディアンクラブ」は、カナダのオンタリオ州ウィンザーの蒸溜所で生まれたウイスキーは、「カナディアンウイスキーの先駆者」といわれています。清冽(せいれつ)な水から生まれるウイスキーの味わいは、初心者でも飲みやすいでしょう。
国内輸入元:サントリーホールディングス株式会社

【ジョニーウォーカー レッドラベル】

世界最大級の販売量を誇る、スコッチウイスキーのブランド「ジョニーウォーカー」。 シリーズのなかには、味わいや価格の異なるさまざまなタイプが揃っていますが、初心者なら、比較的穏やかな「レッドラベル」がオススメです。“ジョニ赤”の愛称でおなじみの「レッドラベル」は、スコッチながらクセが少なくスモーキーな香りも控えめ。かつフルーティな甘味があるので、飲みやすいのが特徴です。
世界中で愛される「ジョニーウォーカー」の魅力に迫る!
国内輸入元:キリンホールディングス株式会社
国内輸入元:MHDモエヘネシーディアジオ株式会社

【ジャックダニエル】

テネシーウイスキーを代表する「ジャックダニエル」。「アメリカンウイスキーの真骨頂」ともいわれる銘柄で、飲みやすいのが特徴です。飲みやすさの秘密は、テネシーウイスキーに特有の、「チャコール・メローイング製法」にあります。サトウカエデの木炭を重ねて一滴一滴ていねいにろ過・貯蔵することでもたらされる、甘やかな香りとのどごしのよさ、クセが少なくまろやかな味わいは、初心者にもオススメです。
国内輸入元:アサヒビール株式会社

ウイスキー初心者にオススメの飲み方・たのしみ方

ウイスキー初心者にオススメの飲み方・たのしみ方
Brent Hofacker / Shutterstock.com

定番ウイスキー、初心者にはどんな飲み方がオススメ?

ウイスキーにはストレートやロック、ハイボールや水割りなどさまざまな飲み方があります。ここでは数ある飲み方のなかでも、とくに初心者にオススメの飲み方をかんたんに紹介します。

【ハイボール】

ウイスキーにソーダや炭酸水を加え、爽快感たっぷりに仕上げたカクテルがハイボールです。ソーダなどで割ることでアルコール度数が下がるうえ、のどごしがよくてビールのようにグイグイ飲めることから、初心者にオススメの飲み方のひとつに挙げられます。

【トワイスアップ】

ウイスキーと常温のミネラルウォーターを、1:1の割合で混ぜ合わせる飲み方です。ミネラルウォーターで割ることで、アルコールの刺激や強すぎる香りがやわらぐため、初心者でも飲みやすくなります。ウイスキーから立ち上る香りもたのしめます。

【水割り】

氷を入れたグラスに、ウイスキーとミネラルウォーターを注いで作る水割りもオススメの飲み方。水がウイスキーの個性をやわらかく包み込むので、飲みやすくなります。

定番ウイスキーの、自分だけのたのしみ方を探そう

ウイスキーの初心者は、まず手ごろな価格の定番ウイスキーを買って、いろいろな飲み方を試してみましょう。ウイスキーには、ハイボールや水割りのほかにも、ストレートやロック、ハーフロック、ミストなど、多彩な飲み方があります。気軽にチャレンジできるのは、定番銘柄だからこその魅力です。好みの香りや味わい、お気に入りの産地や銘柄などを見つけてみましょう。
定番のウイスキーには、手ごろな価格や飲みやすさ、入手しやすさなど、定番となるのにふさわしい魅力があります。さまざまな銘柄や飲み方を試して、自分好みのウイスキーのたのしみ方を探してみてはいかがでしょう。


関連記事リンク(外部サイト)

17年もののウイスキーってどんなお酒? ウイスキーの年代表記について学ぼう
ビールの酒税が下がったので、新しいタイプのビールに挑戦してみませんか?
ビールは酸っぱいほうがおいしい!? サワービールの魅力に迫る

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧