【札幌】駒井善成のゴールを守り切り、鹿島に初のダブル達成!「互いの気持ちがぶつかるハードなゲームだった」とペトロヴィッチ監督

access_time create folderエンタメ
【札幌】駒井善成のゴールを守り切り、鹿島に初のダブル達成!「互いの気持ちがぶつかるハードなゲームだった」とペトロヴィッチ監督

ザーゴ監督「拮抗した展開、細かいミスが勝敗を分ける展開に」。

[J1 23節]札幌1-0鹿島/2020年10月18日/札幌ドーム

 J1リーグ23節、北海道コンサドーレ札幌が駒井善成のゴールで、鹿島アントラーズに1-0の勝利を収めた。札幌は鹿島にリーグ2勝、初のダブルを達成した。

 札幌は最終ラインを高く保ちながら、ウイングバックが上下動を繰り返しながら前線とも絡み、丁寧にパスをつないで試合を動かしていく。一方、鹿島は球際に厳しく行き、ボール奪取からカウンターに持ち込もうと試みる。

 ホームチームの攻撃が噛み合い出した、41分だった。何度か攻撃を作り直すなか、福森晃斗のスルーパスに駒井が合わせてゴールネットを揺らす。

 後半も一進一退の攻防が続く。ただ九州で行われたサガン鳥栖との一戦から、中2日で北海道で戦うアウェーゲーム連戦の影響は大きく、鹿島はプレーに精彩を欠いてしまう。

 一方、札幌は最後まで集中を切らさず、7試合ぶりの無失点勝利を収めた。今季初の1-0。

 札幌のペトロヴィッチ監督は試合後の記者会見で、「非常に難しく互いの気持ちがぶつかるハードなゲームで、私たちの勝利に値する内容だったと思います。1-0でしたが、もう少しゴールを決められるチャンスがありました。選手たちは最後までアグレッシブなサッカーを展開してくれたと思います。鹿島から2勝を収めるのは私たちにとって大きな結果であり、選手たちの運動量、球際での戦いについて、非常に高く評価しています」と喜んだ。

 一方、鹿島のザーゴ監督は次のように振り返った。

「拮抗した展開になると予想されただけに、細かいミスが勝敗を分ける展開になりました。スペースを狙う前の段階のパスミスが目立ちました。(さらに中2日でアウェーのヴィッセル神戸戦へ)求めているプレス強度やパス精度も欠きましたが、できるだけ体力を回復させて臨みたいです。長距離移動が続いた影響もあり、また(ナイトゲームから)13時のゲームになった感覚のズレもあったと思います。ただし日程は決定していることなので、それに合わせ、しっかり準備をするだけです」

 また決勝点を決めた札幌の駒井は「ペトロヴィッチ監督の63歳の誕生日、勝って祝いたかったですが、何より札幌に勝点3をもたらしたかったです。(得点シーンについて)福森から丁寧なパスが来たので、落ち着いて決めるだけでした。どんどんホームで勝って勢いを付けていきたいと思います」と喜んだ。

注目記事:バレンシアダービー、久保建英の先発は?エメリ監督が記者会見「誰かを欠くケースは常に想定」

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

クエンカ戦列復帰。仙台6連敗でストップも10戦勝ち星なし「今抱える弱さを払拭していかなければ」と木山監督
【松本山雅】布啓一郎監督が解任、新監督は柴田峡編成部長。「これからは、外から松本山雅を応援させていただきます」
久保建英が乗り込む最新「イエローサブマリン」、エメリ監督のビジャレアル中盤は「欧州基準」

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧