現役ウーバー配達員が教える「深夜のからあげクンだけは頼むな!」

access_time create folder生活・趣味

現役ウーバー配達員が教える「深夜のからあげクンだけは頼むな!」

秋も深まり、自転車を漕いでいても汗ばむことがなくなった今の季節は、花粉症持ちの私にとっては一年の間で絶好のシーズン。そんなわけで、本業のライター仕事の締め切りがない日は、朝から深夜まで大きなリュックを背負って自転車を漕いでおります。申し遅れました。私、ウーバーイーツで自転車配達員をやっておりますWと申します。

北は札幌から南は那覇まで、幅広いエリアでサービスを行っているウーバーイーツ。サービスを利用した人の中には、注文したドリンクがこぼれていたり、弁当の中身が傾いていたりして、イラッとした経験がある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、配達員視点から見た、運ぶ難易度が高い商品を独断と偏見でピックアップ。利用者のみなさんが注文すると後悔する「絶対に注文してはいけないもの」を紹介したいと思います。 

テイクアウト用のビニール袋が仇になってしまう


▲牛丼はウーバーでも人気

今や国民食と言っても決して過言ではない牛丼。吉野家・松屋・すき家・なか卯といった日本4大牛丼チェーンは、当然のようにウーバーイーツに加盟しています。利用されている方もかなりいると思うのですが、配達員の立場から言って注文してはいけないのが「豚汁」です。

牛丼チェーンのテイクアウトは、具材や汁がこぼれないよう、商品をタテに高く積む、というのがその理由です。例えば松屋さんの場合は、テイクアウト用の透明な袋も、縦に積むと最適になるよう、縦長のものを使っています。当然、ウーバーイーツの配達員にも、下から牛丼・牛丼・豚汁といった並びで、高く積まれた商品が手渡されるのですが、ここで問題がひとつ。仕切りがないタイプのバッグを使っている配達員が一定数いるのです。

経験の浅い配達員が、渡されたものをそのままリュックに入れて運んだら、どのような結末になるか……これは想像できますよね。しかも、豚汁や味噌汁などの汁物は、上の方に置かれることが多いので大変危険です。牛丼と一緒に豚汁が食べたくなる季節ですが、ウーバーイーツで注文する際は、ある程度のリスクは覚悟しましょう。

ちなみに私の場合は、牛丼チェーンで商品を受け取ったら、縦積みされている商品を袋から取り出して、横に並べて配送先まで行き、玄関の手前で袋に入れ直して、お客様に渡すことで、汁物がこぼれるリスクを回避しております。


▲注文するサイズが重要なピザ イメージ:PIXTA

一方、ピザチェーン店もウーバーイーツで注文すると、後悔することが多いでしょう。配達員が使っているリュックの中には、大きなピザを収納できないタイプもあるため、配達員がお店まで来たにもかかわらず「商品が運べない」という理由で、キャンセルする可能性があります。そうなると、そこから次の配達員探しを始めるため、届くまでに時間がかかりますし、お店側の保温容器に入れているとはいえ、ピザが冷めてしまいます。

最近は、配達手数料のサブスクリプション化や、一定額以上の注文をすると配送料が安くなることから、ウーバーイーツを使ってピザを注文する人が増えていますが、リュックの事情で商品を運べない配達員がいるリスクを考えると、ピザ屋さんに直接運んでもらうのがベストだと思います。

ちなみに私のリュックは、Lサイズのピザでも運べるタイプなのですが、これまでに2回、別の配達員の代打でピザを配達したことがあります。

1番人気の商品なのに注文してはいけないのは・・・


▲深夜のコンビニで待たされるツラさ イメージ:PIXTA

そして、個人的に一番注文してはいけないNo.1は「深夜のからあげクン」です。一部メディアでは、ウーバーイーツで一番注文されている商品、と取り上げられたほど人気の商品で、ローソンに商品を受け取りに行くと、渡されたレジ袋の中に大抵入っているのが〈からあげクン〉なのですが、間違っても“深夜”に注文してはいけません。

なぜなら深夜のコンビニは、レジ横のおでんや中華まん、揚げ物の販売を停止していることが多いからです。コンビニのバイトをしたことがないので、詳しい事情は分かりませんが、深夜は商品の入荷や棚に並べる作業が忙しいのと、他の時間帯に比べてレジ横の商品が売れないという事情があるかと思われます。

そんなわけで、店内では〈からあげクン〉も販売を停止しているのですが、ウーバーイーツのアプリからだと、なぜか注文できてしまうのです。

「注文できるなら頼んじゃおうかな〜」という感覚で、アプリに表示されている〈からあげクン〉の画面にタッチしてしまうと、どうなってしまうのでしょう?

これは私が経験したことなので、すべての注文に当てはまるかどうかは分かりませんが、以前、深夜にローソンへ商品を受け取りに行った時のこと。店に入って店員さんに「ウーバーイーツです」と伝えると「すごく時間がかかるので、お待ちください」と不機嫌そうな一言が。

「すごく」という言葉が気になったので「何かトラブルですか?」と聞くと「今から揚げるので」とピシャリ。フライヤーに油を再び入れて熱して、そこから唐揚げを揚げるので時間がかかるとのことでした。


▲揚げたては確かにウマそうだが… 出典:ウィキメディア・コモンズ

店の隅っこで、ぼんやり待機していると、油が温まらないのか、10分たっても〈からあげクン〉をフライヤーに投入する気配がありません。15分ほどたったところで、ようやく投入され、店員さんから「あと5分ほどくらいで揚がります」との言葉が。そして5分後、ようやく商品が出来上がりました。

私が注文を受けてから、お店へ向かうまでにかかった時間が5分ほど。ということは「配達員確定→配達員到着→商品完成」まで、トータルで25分かかった計算になります。普通、コンビニといえば家から徒歩5分圏内くらいが多いのではないでしょうか。しかし、この注文者は小腹が減った状態で、30分以上も待たされたわけでして……注文してはいけない理由は、もうお分かりかと思います。

深夜にコンビニへの揚げ物の注文は、どうぞ時間とお腹のすき具合に余裕があるときにお願いしたいと思います。

ここまで読まれて「ラーメンやうどんといった麺類も、つゆがこぼれたり、麺がふやけるので、頼んだらいけないものなのでは?」と思う方も多いと思います。ですが、多くの店では、セパレートタイプの容器を採用。麺とスープが別々になっていて、さらに汁が漏れないよう、フタがしっかりしたものを使っているので、最近は麺類でも安心して運べるんです。

それよりも、オシャレを優先して、包装方法を変えないカフェの方が恐怖ですね。そういえば、この前いったオシャレなカフェは……あ、この話を始めると長くなりそうなので、オシャレな店のエピソードは、また別の機会に。

〈Uber Eats配達員W〉


関連記事リンク(外部サイト)

嫌がらせかよ…ウーバー配達員が語る「タワマン迷路」の恐怖体験
「時給大幅アップのはずが!」と恨み節。ボーナスクエストの思わぬ落とし穴…
ベテランウーバー配達員がこっそり教える癒やしの「休憩スポット」

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧