スペイン空軍 NH90捜索救難ヘリ1号機を受領

access_time create folderエンタメ
スペイン空軍 NH90捜索救難ヘリ1号機を受領

 スペイン空軍は2020年10月14日(現地時間)、新しい捜索救難ヘリコプターNH90の1号機を受領したと発表しました。NH90は老朽化しているAS332捜索救難ヘリコプターの後継として、首都マドリッド郊外のクアトロ・ビエントス基地に所在する第48航空団で計12機が運用される予定です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 これまでスペインでは、陸軍航空隊が14機(うちプロトタイプ1機)のNH90を受領し、運用してきました。今回の捜索救難仕様はスペイン軍にとって15機目、そして空軍では初のNH90となります。

 スペイン空軍参謀本部のフランシスコ・J・フェルナンデス中将は、納入式典で「NH90はスペイン空軍にとって、幅広い任務に対応する重要な装備です。特に第48航空団に配属される機体は、捜索救難(SAR)や患者の航空輸送(MEDEVAC)に使用されます。将来的には戦場における人員のピックアップや、特殊部隊の航空作戦といった、ヘリコプターにとって最も困難な任務にもに利用されるでしょう」とコメントし、空軍におけるNH90の重要性を強調しています。

 NHインダストリーズ代表兼エアバスNH90プログラム責任者のナタリー・タルノー・ロード氏は「NH90は、特に高温、高地での運用に適しており、スペイン空軍の重要な任務にとって、とても現実的な装備だといえます」とコメントし、NH90の性能に太鼓判を押しています。


 スペイン空軍では、この1号機を含めて12機のNH90を発注しており、全機が首都マドリッド郊外のクアトロ・ビエントス基地(マドリッド=クアトロ・ビエントス空港)に所在する第48航空団で運用される予定。第803飛行隊のAS332を更新し、捜索救難や特殊作戦航空任務部隊の一員として、捜索救難や海上哨戒の任務に供されることとなっています。

<出典・引用>
スペイン空軍 ニュースリリース
NHインダストリーズ プレスリリース
Image:スペイン空軍/NHインダストリーズ

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

イギリス空軍ロジーマス基地運用再開 タイフーンはロシア機にスクランブル
アメリカ空軍F-15E 新型精密誘導爆弾「ストームブレイカー」運用を承認
イスラエルとアメリカがF-35同士の共同訓練を実施 8月に続き2回目

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧