チェコのレストランの利用方法【チェコ】

access_time create folder生活・趣味

チェコのレストランの利用方法【チェコ】

チェコのレストランに入店する際には「ドブリーデン」と挨拶しましょう。
「こんにちは」という意味があり、店員さんも「ドブリーデン」と言ってくれます。
チェコでは、レストランだけに限らず、服屋さんや雑貨屋さん、スーパーのレジの店員さんにも挨拶をする習慣があります。
レストランに入ると、ほとんどのお店は、席を自由に選ぶことが出来ます。
入口に案内する店員さんがいなかったら、好きな席に座りましょう。
しばらくすると店員さんがメニューを人数分持ってきてくれます。
注文が決まったら、メニューを閉じて店員さんを待ちましょう。
メニューを閉じることが、注文が決まった合図になります。
日本のように、手を上げて店員さんを呼ぶ行動は、チェコではあまり好まれません。
視線を送り続けるか、広い心で待つことが大切です。
チェコのレストランの利用方法【チェコ】
チェコのレストランでは、お水が無料で出てくることはほぼありません。
ドリンクを注文することが一般的です。
ドリンクも食べ物も、量の選択が出来るので、表記に注意して注文しましょう。
お会計の際は、店員さんにそのことを伝えます。
テーブル会計が多いですが、レジで会計するお店もあります。
合計金額に+10%前後のチップを支払うことが一般的です。
きりのいい金額を支払うのがスマートでしょう。
お店を出る時は、「ナスフレダノウ」(=さようなら)と伝えましょう。
店員さんも喜んでくれます。
少しでもチェコのレストランを気軽に、楽しく過ごしてみて下さい。

関連記事リンク(外部サイト)

【世界ひとり飯(14)】スリランカの名物シェフの店で旨すぎる蟹のカレーを!
【世界ひとり飯(16)】シンガポールのローカルなミシュラン店のポークヌードルは並んでも食べたい!
【新型コロナ終息後に食べに行きたい世界の料理】多民族の食文化!マレーシアグルメ5選

access_time create folder生活・趣味
ワウネタ海外生活

ワウネタ海外生活

ワウネタ海外生活は海外にスポットを当てた話題やネタを海外ナビする海外情報ネタサイトです。プチ海外生活を疑似体験できます。

ウェブサイト: https://www.wowneta.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧