愛媛県南予にて、デジタルフリーパスによる観光型MaaSの実証実験開始!

access_time create folderデジタル・IT

愛媛県南予地域は、日本一細長い佐田岬半島、リアス式海岸の足摺宇和海国立公園などの景観に恵まれる一方、交通機関においてはさまざまな課題を抱えている。これは、平成30年7月豪雨の被害からの回復に欠かせない観光客増加を妨げる問題のひとつでもあるようだ。

この課題を解決しようと立ち上がったのがKDDI株式会社、全日本空輸株式会社(ANA)、南予広域連携観光交流推進協議会、四国旅客鉄道株式会社、伊予鉄バス株式会社、宇和島自動車株式会社、株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション、一般社団法人愛媛県バス協会、石崎汽船株式会社。

上記9者は、「南予観光型MaaS実証実験協議会」を設立し、観光客の満足度向上を目指す観光型MaaSの実証実験を2020年10月29日~12月31日の期間で実施する。

購入から利用まですべてスマート

同実験の核となるのが「えひめ いやしの南予デジタルフリーパス」。南予地域のJR、伊予鉄グループおよび宇和島自動車の路線バスが乗り放題となるデジタルフリーパスだ。

大きな特徴は、駅やバス車内にあるNFCタグ・QRコードにスマートフォンをかざすだけで購入できる手軽さ。登録済みアカウントを使うことで、アプリのダウンロードや会員登録が不要となり、登録済みの決済方法を使えば新たにクレジットカードの入力も不要というスマートさもポイントだろう。

また、「ANAアプリ」上の「空港アクセスナビ」とも連携。松山空港・広島空港を発着する航空券を持っている人は「空港アクセスナビ」から簡単に観光型MaaSサービスサイトにアクセスでき、デジタルフリーパスを購入することが可能だ。

こうして購入したデジタルフリーパスを交通機関の係員に提示するだけで乗り降りができるようになる。

のりつぎポイントシステムも!

同実験では、交通機関の利便性向上とともに周遊しやすい観光地づくりにも力をそそぐ。

デジタルフリーパスを利用して交通機関を乗り降りするとポイントが貯まり、4ポイントで最大600円の割引チケットと交換可能。割引チケットは対象の観光施設の入場料や体験料に使えるようだ。

例えば、国の重要文化財である「大洲城(城山公園)」や、全国的にも珍しい駅構内にある天然温泉「森の国ぽっぽ温泉」、海底が見える観光船「ユメカイナ・ガイヤナ」など。

デジタルフリーパスは「南予全域フリーパス」と「内子・大洲町並散策1日パス」の2種類あり、上記のポイントシステムは全域フリーパスのみ対応している。

料金は「南予全域フリーパス」が6,000円(小児3,000円)、「内子・大洲町並散策1日パス」が2,840円(小児1,420円)。2020年10月15日15時より販売中だ。

KDDI株式会社

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧