ネタバレ注意!伊藤英明主演・映画「悪の教典」のあらすじや魅力を紹介

access_time create folderエンタメ
ネタバレ注意!伊藤英明主演・映画「悪の教典」のあらすじや魅力を紹介

映画「悪の教典」は、残忍な裏の顔を隠し持っている高校教師を主人公にしたサイコ・ホラー作品です。小説を原作にして制作され、主演・伊藤英明の演技が高い評価を受けました。今回は、そのあらすじや魅力をまとめて詳しく紹介していきます。

映画「悪の教典」のあらすじ

映画「悪の教典」は、東京都町田市の高校を舞台に教師・蓮実聖司を中心とした物語です。
あらすじですが、蓮実聖司は英語教師としte日ごろから有能で人気者として過ごしているところからはじまります。しかし自分の都合の良い展開となるように、障害となる人物の命を奪うサイコパスという裏の顔を持っていました。
学校一の不良は退学に追い込み、モンスターペアレントの親は放火によって殺害するなど、強引な手口で邪魔者を排斥していく蓮実聖司。
ところが同僚の教師・釣井正信から「学校内の事件は全て蓮実聖司によるものではないか」と怪しまれるようになってしまいます。同時期に好奇心から、蓮実聖司の裏の顔を暴こうとする生徒・早水圭介の魔の手が迫っていました。
釣井正信と早水圭介は、やがて蓮実聖司がおぞましい一面をもったサイコキラーという真実に気付いてしまいます。邪魔者と判断した蓮実聖司は、彼らの命を奪ってしまうのでした。
そして文化祭準備の夜。またひとり、邪魔になった生徒を手に賭けようとした蓮実聖司ですが、その行為を目撃されてしまいます。
最悪の事態に陥った蓮実聖司は、自身に嫌疑がかからないように作戦を練ることにします。その計画とは、学校に残っていた生徒全員を皆殺しにしたのち、別の同僚教師に罪を被せることでした。
何も知らない生徒は、ダブルバレルショットガンを手にした蓮実聖司の手によって次々と命を奪われてしまいます。そんななか、蓮実聖司の生徒である片桐怜花は日ごろから蓮実聖司に不信感を抱いてたことから、いちはやく危機に陥っていることに気づきます。
逃げ惑う中、片桐怜花は友人の夏越雄一郎とその危機から逃れようと奮闘します。しかし蓮実聖司の魔の手は刻一刻と迫っていました。
果たしてこの惨劇を食い止めることができるのか。ぜひ本編を確かめてみてください。

悪の教典

悪の教典

SCORE

37%

2012年11月10日より公開
2012年/日本/129分

more

映画「悪の教典」のキャストを紹介!

映画「悪の教典」の主人公・蓮実聖司は、映画「陰陽師」シリーズや映画「海猿」シリーズなど数々のメディア作品に出演している伊藤英明が演じています。なかなか見る機会のない「悪」の演技に注目してみてください。
また、蓮実聖司の手から逃れようと奮闘する女子生徒・片桐怜花は映画「ヒミズ」などに出演している二階堂ふみが演じました。普段は繊細で引っ込み思案ながらも、危機に瀕して脱出を試みようと奮闘する姿は見ごたえ抜群です。

蓮実聖司に疑いを持つキャラクターとなる教師・釣井正信を吹越満が、生徒・早水圭介は染谷将太が演じています。それぞれ異なる立ち位置から蓮実聖司を追い詰めていく描写に注目してください。そのほかにも、本編には重要な立ち位置となる生徒を林遣都、問題ある体育教師役を山田孝之が演じるなど、たくさんの俳優陣が出演しています。

映画「悪の教典」の魅力①小説が原作の実写作品

映画「悪の教典」は、貴志祐介著「悪の教典」を原作にして制作された映像作品です。原作小説は、第1回山田風太郎賞を受賞するなど文学界において高い評価を受けています。
映画では原作の登場人物の設定やストーリーの枠組みはそのままに制作されており、ゾッとするようなシーンも満載。そして原作とは異なるシーンや台詞も盛り込まれているので、小説を読んでない人も楽しむことができます。
また、小説に収録されている別のストーリーを原作に構成した「悪の教典-序章-」がスピンオフドラマとして制作されました。漫画化などもされており、メディアミックスの多い作品でもあります。
ぜひそれぞれの違いを探しながら、本編の魅力を楽しんでみてください。

映画「悪の教典」の魅力②伊藤英明の演技に注目

本作の魅力はなんといっても主人公・蓮実聖司です。容姿端麗で頭脳明晰というパーフェクトな見た目ながらも、その内面にはサイコキラーという凶暴な裏の顔を合わせもっています。普段は人柄の良い雰囲気で相手に接していますが、サイコキラーへと切り替わる瞬間は、背筋が寒くなるほどの恐怖を感じさせてくれます。
また、本編では蓮実聖司がどういった人物で、過去をもっているのかが徐々に明かされていきます。その壮絶な内容に、言葉をなくしてしまうでしょう。
そして銃器をもって生徒を殺しまわるシーンは、狂気そのもの。追い詰められた生徒たちの命を無慈悲に奪っていく姿は、目を覆いたくなるほどの残酷さがあります。そんな伊藤英明の演技はかなり迫力があり、一度見たら忘れられない作品です。

映画「悪の教典」の魅力③手に汗握るストーリー展開

ネタバレ注意!伊藤英明主演・映画「悪の教典」のあらすじや魅力を紹介

BIRMINGHAM, ENGLAND – FEBRUARY 15: The ornate engraving on a Blaser F3 Custon “Grouse in Flight” shotgun on display at the Great British Shooting Show at NEC Arena on February 15, 2019 in Birmingham, England. The show is the UK’s flagship shooting event, the shooting industry’s leading manufacturers, distributors, retailers and shooting organisations come together to offer visitors the largest and most varied choice of shooting related products. (Photo by John Keeble/Getty Images)

本作は手に汗握る展開が続くのが魅力と言えます。特に物語後半の蓮実聖司が自身の罪が被らないようにダブルバレルショットガンで生徒たちの命を奪うところは、一秒たりとも目を離すことができません。
なにも知らない生徒たちは、「蓮実聖司が犯人ではないか?」と疑う者もいれば、「蓮実聖司に助けを求めよう」と信じてしまう者もいます。
そしてキーマンとなる女子生徒・片桐怜花は、いちはやく命の危機に気づいて、学校から逃走しようとします。しかし一筋縄ではいきません。彼らがどのような結末を迎えるのか。ぜひ本編をお楽しみください。


関連記事リンク(外部サイト)

近未来SF好きにすすめたい!「人工知能」がテーマのおすすめ映画5選!
【ネタバレ】ジェームズ・マカヴォイ主演!映画「スプリット」の魅力・あらすじを紹介!
おうち時間を楽しもう!小説が原作のおすすめ実写映画5選!

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧