体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

au 2012冬スマホの特徴はコレだ!4G LTEで通信速度が速い全機種チェック

auの2012年冬モデルは、スマートフォン9機種、タブレット1機種の最新モデル10機種の全てに次世代通信である「4G LTE」に対応した。「4G LTE」は、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsと高速通信(※1)が外出先や移動中でも利用可能で、動画や書籍、ゲームなどリッチコンテンツもストレスなく楽しめる。

■「4G LTE」エリアはもちろん、auが誇る3Gエリアでも通信が可能
「4G LTE」に加え、「4G LTE」のエリア外に移動しても、広域&高品質なauの3G 通信に自動で切り替わるので、安定した通信を利用できる。また、3Gエリアでは、「WIN HIGH SPEED」に対応しているので、下り最大9.2Mbps、上り最大5.5Mbpsで通信が可能だ。

■次世代決済も万全のおサイフケータイ(R) +NFC対応
さらに国内での需要が非常に高い「おサイフケータイ(R)」もスマートフォン9機種全てに対応。国際標準規格のNFC(Near Field Communication)による決済も「GALAXY SIII Progre SCL21」と「G’zOne TYPE-L CAL21」を除いた7機種のスマートフォンとタブレット「AQUOS PAD SHT21」で対応している点も見逃せない。

■どれを選べば最適か!10機種の特徴と選ぶポイントをズバリチェック
auの冬モデルは、8機種が既に店頭で購入が可能となっているほか、12月中には10機種全てが出揃う。つまり、店頭に行けば、最新機種が手に入るということだ。

とはいえ、10機種もあると、どれを買えばいいのか機種選びが難しい、悩ましいという人も多い。

そこで、今回は、auの2012年冬モデル 自分にあった機種選びをチェックしてみよう。

■速い・キレイ!美しい画面のスマートフォン  HTC J butterfly HTL21

htl21_960

スマートフォンとは思えない5インチフルHD画質

HTL21

これぞ最新!スマホとは思えない高画質と操作を体感したい人はコレ
HTC J butterfly HTL21は、スマートフォン随一となるフルHD1920×1080ドット、440ppiの画面がとにかく美しい。この画面と定評あるカメラ機能を組み合わせれば、まさにデジカメ要らず。さらに約5インチながら片手に収まるスリムさも使い勝手がよい。4G LTEの通信速度に加え、クアッドコアとAndroid(TM) 4.1で驚くほど高速な処理速度も魅力的すぎるスマートフォンだ。

■Xperia(TM)デザインを受け継ぐAVに強いXperia(TM) VL SOL21 by Sony Mobile Communications

SOL21_960

Xperia(TM)らしさを受け継ぐフォルムとAV機能

SOL21

音楽・カメラを存分に味わいつくしたい人はコレ
Xperia(TM)らしい背面のカーブ形状を継承したオールインワンスマートフォン。Xperia(TM) VLの魅力は、ズバリAV機能。有効約1300万画素カメラと使い易いカメラアプリ。さらに定評のある音質の良さに加えて”WALKMAN(R)”アプリケーションも搭載されているので、音楽プレーヤーとしても使い易いスマートフォンだ。

■使い手を助ける機能で使い易さは抜群!GALAXY SIII Progre SCL21 by SAMSUNG

scl21_960

使い手を支援してくれる賢いスマートフォン

SCL21

操作がしやすい賢いスマートフォンならコレ
GALAXY SIII Progreは、見ている間は画面が消えないスマートステイ、動画を見ながら他の操作ができるポップアップ プレイなど、使う人の手助けをしてくれる機能が大きな魅力だ。また2,100mAhの大容量バッテリーでスタミナも安心。

■ケータイ打ちもしやすい!高速操作できるAQUOS PHONE SERIE SHL21 by SHARP

shl21_960

キビキビ動作と高速起動で快適なスマートフォン

SHL21

ケータイ打ちも便利!ガラケーからの乗り換えにはぴったり
AQUOS PHONE SERIEは軽快で高速な使い勝手が魅力のスマートフォンだ。独自のダイレクトトラッキング技術による画面の縮小・拡大、スクロールは快適そのもの。特にメールや文章作成での素早いケータイ打ちでもしっかり入力できるのは、ガラケーから乗り換える人には大きな魅力だろう。また、初めてでも設定が簡単な「エコ技」機能でバッテリー消費を管理。連続待ち受け時間570時間(4GLTEエリア)、連続通話時間約910分も可能だ。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。