“チェリまほ”町田啓太が赤楚衛二に「かわいい」連発!ゆうたろう「本当に付き合ってます?」ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』黒沢デレデレ!?会見レポ

access_time create folderエンタメ

ガンガンpixivで連載中の豊田悠先生によるBLコミック『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』が実写ドラマ化し、テレビ東京木ドラ25枠(毎週木曜深夜1時~1時30分)にて、ついに本日10月8日深夜より放送開始! メインキャストの赤楚衛二さん、町田啓太さん、浅香航大さん、ゆうたろうさんのリモート会見の様子をたっぷりとお届けします。原作愛溢れるゆうたろうさんの熱い思いや、ドラマ同様イチャイチャデレデレ!?する赤楚さんと町田さんのやり取りは必見です!

原作はファンの間では通称「チェリまほ」と呼ばれ愛される、累計80万部を突破した超人気作。童貞のまま30歳を迎えたことにより、「触れた人の心が読める魔法」を手に入れた、冴えない30歳のサラリーマン・安達清(赤楚衛二)。思わぬ力に困惑する中、ふと社内随一のイケメンで仕事もデキる同期・黒沢優一(町田啓太)に触れたとき、なんと彼から聞こえてきたのは、自分への恋心だった……! 

安達役の赤楚さん、黒沢役の町田さんに加え、安達の親友で数々の恋愛小説を執筆する小説家・柘植将人役の浅香航大さん、柘植の家に配達に来る宅配業者・綿矢湊役のゆうたろうさんの4人で語り合いました。

黒沢が安達のホクロに興奮するシーンが自信に

――今回のドラマの役柄をもらったときの感想を教えてください。

赤楚:ビックリしました(笑)。というのは、僕まだ26歳なので、30歳でしかも童貞という役で、魔法も使える。なかなか高難易度かもしれないと思いつつも(笑)、でも原作を読んでみたら本当に人の気持ちだったり、相手にどう思われているか、自分がどうしたいのかというのを確かめながら前に進んでいく主人公が、本当に共感できるところがたくさんあって、すごく楽しみでした。

――演じるときに気を付けた点は?

赤楚:黒沢との距離感や心の壁の厚さだったり、そういう部分は本当に丁寧に描いていかないと、たぶんズレてしまうので。やっぱりこの作品の良さって少しずつ歩んでいくところだと思うので、だからその辺はちゃんと気を付けなきゃなと思いながらやっていました。

――見どころはどんなところですか?

赤楚:全部見てほしいんですけど、強いて言うなら、壁ドンを見てほしいなと。僕、人生で初めて壁ドンされまして。男性に壁ドンされるってこんなに圧があって、ちょっと怖いとドキッとした気持ちが混じる、「こういう感覚なんだ、女の子は」という気持ちになりました。だから、なかなか経験できないことがこの作品で出来たから、そういうハグや壁ドンだったりを見てほしいなと思います。

――では、その時の驚いた表情は割と演技というより素な部分もありますか?

赤楚:多少はあると思います(笑)。

――町田さんはオファーを受けたときの感想は?

町田:僕も赤楚くん同様に衝撃を受けたのと、原作を読ませていただくとすごく温かい物語ですし、その中にコミカルなシーンや本当に心を打つような素敵なシーンがたくさん散りばめられていて、登場人物たちもみんな素敵で。その温かい作品の中に黒沢優一として参加できるというのは、すごく喜びを感じました。黒沢的には、結構スッとした感じがしながらも、妄想を爆発させたり、表現として難しいところもたくさんあったので、そういう部分では挑戦だなと思って、赤楚くんとの共演も楽しみにしていました。

――注目ポイントは?

町田:やっぱり人と人との距離感が縮まっていったり、少し離れていったり、すれ違ったりだとか、そういうところにラブストーリーの良さがあると思いますし、すれ違うから時にコメディで面白かったりするので、そこは見どころだと思います。

あとシーン的には、1話でオフィスで安達と2人きりになるシーンがあって。そこで結構黒沢が安達に詰め寄っていって、心の声がどんどん漏れて、最終的にはホクロにすごく興奮してしまったりとか(笑)。その撮影が結構初日の方だったんです。そのシーンをやったあとに、風間監督がニコニコしながら僕らのところに来て、「いや~、これたぶん面白くなりますね! 僕このシーンは不覚でした。めちゃくちゃ面白いです」と言ってくださったのが、僕らの中ですごく嬉しくて自信にもなりましたし、見てもらって絶対楽しんでもらえるんじゃないかなと思ったところです。そういうのが今後たくさん出てくるので、たぶん飽きないと思います。

――浅香さんの役柄はどういった展開をしていく役柄なのでしょう?

浅香:原作を読ませていただいて、僕の柘植という役のキャラクター性がかなり強かったので、クランクインするまではドキドキで、どうお芝居で表現していこうか、というプレッシャーはありました。柘植という人物は割と自分だけで世界が完結しているようなキャラクターであったんですけど、その彼が人とのコミュニケーションだったり相手の気持ちを察したり、もしくは自分の気持ちに向き合ってみるというようなことを作品を通してしていく中で、どんどん自分も開いていくし周りを受け入れるし、人として豊かになっていくという展開が見どころかなと思います。

――ゆうたろうさんは、湊を演じられていかがですか?

ゆうたろう:まずは、初めて金髪にしたというのが僕的には一番の役作りです。

他3人:めちゃくちゃ似合ってる。

ゆうたろう:湊くんはマイルドヤンキーと言われてるんですけど(笑)、すごく可愛らしいツンデレみのある役柄で、発している言葉と心の声がまたちょっと違うのが注目ポイントです。結構ダンスもする役で撮影しながらも絶賛ダンスレッスンもやっているので、本番以外でも湊くんと一緒にいる時間が長いのですごく楽しみながら演じさせていただいています。

――原作のファンだと伺いました。

ゆうたろう:はい! まだ4巻までで、これから5巻が出るという、そのワクワクと同時にドラマが進んでいくという、ダブルの楽しみ方ができるので、原作を読んで観ていただいてももちろん嬉しいですし、ドラマを観た上で、原作を読んで当てはめるのも嬉しいなと思うんですけど、僕は原作を読んでから、ぜひ観ていただきたいなと思いますね。

赤楚衛二は安達そのまま!ご飯粒をつけたまま現場入り「黒沢的な気持ちで言うと、たぶん相当ヤバい妄想を繰り広げる」

――まだ撮影中とのことですが、みなさん第1話の初めましての頃から、今日ここまでで印象の変化はありましたか?

赤楚:僕はキャストが発表されたときに、本当にキャラのイメージそのままだと思ってテンションが上がりました。たぶん一番町田さんとのシーンが多いですが、今変わったと思うところは……特にないんですけど(笑)。

一同:あははは。

赤楚:本当に黒沢みたいに完璧で。周りへの気遣いや優しさだったり、物事に対しての真摯さだったり。スポーツも出来て料理も得意で、本当に欠点がなくて。出来ないことは何があるんだろう?ってくらい完璧な上に、チャーミングで面白いってところまであって。そういうところは新しい発見だったかなって思います。最初は近寄りがたい人なのかな?って思ったんですけど。

町田:事務所がね、ちょっとヤンチャそうなイメージあるから(笑)。そう言われがちなんです(笑)。でも、そう言っていただけてありがたいです。※町田さんはLDH JAPAN所属(劇団EXILE)。

赤楚:そういうことではないですけど(笑)。

――町田さんはみなさんの印象は?

町田:赤楚くんと一緒でやっぱり原作のキャラとぴったりだと思いました。なおかつ、撮影に入っていくと、主演の赤楚くんが穏やかですし、気配りもすごく上手なので、現場の雰囲気がとても良いんですよね。みなさん本当に伸び伸びと芝居をして頑張れているので、だから1話を観たときも完成度がすごく高くて、深夜ドラマの枠を超えているなと思いました。

赤楚くんに関しては、どんどん知れば知るほど、ツッコミたくなったり、いじりたくなったり、本当に可愛らしさ満載なんですよね。もう本当にストレートに物事に対して真摯的というか。だからこそ出てくる、ちょっと朝ごはん食べてたらご飯粒を頬に付けてそのまま現場に来ちゃった、とか。

――それ本当ですか!?

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧