シソンヌじろうインタビュー「映画を観たら幸が薄そうに見えてしまったので『松雪さんってすごい!』って感動しました」

access_time create folder映画

シソンヌじろうによる同名小説を映画化した『甘いお酒でうがい』が現在公開中です。主人公の川嶋佳子を女優の松雪泰子さんが好演していますが、その生みの親であるじろうさんも「感動しました」と太鼓判を押していました。40代独身女性が何気ない日常を綴った1年5か月の日々の日記をベースに、恋、亡き母、人生という誰でも覚えがある人生の悲哀と日常の小さな喜びの数々を、松雪さんと大九明子監督が優しい目線で物語として紡いだ本作。実は仕事人間というじろうさんの最近のホンネも飛び出したインタビューです。

●映画化の知らせを聞いた時は、率直にうれしかったですか?

普通の日記の本だったので、映画になるのかなって(笑)。一年半以上前のことなのではっきりと覚えていないのですが、もともとは日常の羅列の物語だから、それをそのままではなく、観ている人の感情がうねるような脚本にしようと思った記憶はあります。うれしかったとも思いますが、どういう脚本にしようと思った感じです。

●川嶋佳子というキャラクターを映画では松雪泰子さんが演じているわけですが、じろうさんの中では、晴れて一人歩きしていくような感覚なのでしょうか?

長いことやりすぎていたので、実は特別な感情はないかも知れません(笑)。最近のコントにも登場しないし、彼女はもう自分の中でレジェンドなんですよ。初期の僕らのコントを支えてくれた人、みたいな存在です。松雪さんって聞いた時は、きれいすぎやしないかって思いました。川嶋佳子はもうちょっと幸が薄い、顔も貧層な感じの人なのですが、映画を観たら幸が薄そうに見えてしまったので「松雪さんってすごい!」って感動しました。

●原作に続いて脚本まで務められているわけですが、仕事の幅が広がることについては、何か思うことはありますか?

そういうつもりはまったくないんですよね。僕の中での一番大事なことは、ただ、面白いことをやっていたいだけ。それが根本にあります。人前でコントをしていること以外のことは、たまたま、なんです。基本的に人任せです(笑)。本も人に頼まれたから書いているだけで、もっと言うと、誰かが書いたネタでコントやるのが一番いいくらい。

●自分が書いたネタではなく?

そうですね(笑)。すべての時間をネタに注いでいますから、自分が書かなければ今頃家族もいるでしょうし。そりゃ(シソンヌ)長谷川さんは結婚できますよ。僕がネタ書いているわけだから。僕がネタを書いている間に女性と食事に行けるわけで、僕はその間もネタを書いているわけなので(笑)。

●すると自分以外の脚本でよければ、普通に俳優業も積極的にできますよね?

これがまた面倒臭い話なのですが、これだけ自分でたくさん書いていると、人の台本の場合、合っているか不安になるんですよ(笑)。自分の表現するやり方が合っているかどうか。だから、一番いいのは自分がもっとも信頼している人が書いてくれたものをやって、しっかりウケる。これが一番ラクですね。それが一番やりたいです(笑)。

●お笑いの生みの苦しみがあるわけですね。

そうですね。芸人になって以来、毎日ネタになることを考え続けていて、そういう体になっちゃっているんで、ちょっと最近疲れてきたなあと。青森に帰りたいなあと、本当に毎日思っています(笑)。でも自分では決断できないんで、なんかの理由で故郷に追いやられたいです。コンビでやっていてひとりの人生じゃないんで、どうにか帰る状況にならないかなって、毎日思っています。なんだかまったく映画と関係ない話ですね(笑)。

●最後に映画のアピールをお願いします!

川嶋佳子さんと同年代の方が観た時の感想が気になりますね。40代半ば、独身、自分の好きなことにお金と時間を使って生活しています、という人が観て、どういう風に思うのかなって、すごく気になりますよね。最近は結婚していない人が増えているので、佳子さんの人生をどういう風に思うのか、感想を知りたいです。

公開中

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folder映画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧