『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』がいよいよ来週公開! 孫悟空から竈門炭治郎まで 歴代ヒーローの系譜をたどる

access_time create folder映画

吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」(集英社ジャンプ コミックス刊)を原作とした、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、いよいよ10月16日(金)に公開となります。

『鬼滅の刃』はシリーズ累計発行部数8000万部を突破した漫画が原作。昨年TVアニメ化を果たすと、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像で描かれる鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、日本だけにとどまらず、世界各地から熱い視線が注がれています。TVアニメでは、昨年9月末に放送された最終話で、主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが、“無限列車”に乗り込むシーンで「竈門炭治郎 立志編」の物語が幕を閉じました。本作ではその無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれます。

社会現象といわれるほどの盛り上がりを見せている「鬼滅の刃」。原作が連載されていた週刊少年ジャンプは、これまでも幾多の名作で社会現象を巻き起こし、いまなお世界中のファンから支持されている作品が多いですよね。そのほとんどが、はじめは普通の少年だった主人公が次々と強大な敵に立ち向かい、成長していく熱いストーリー。これまでのジャンプヒーローを振り返りながら、「鬼滅の刃」まで続く系譜をたどってましょう。

『ドラゴンボール』
週刊少年ジャンプのヒーローといえば、まずは「ドラゴンボール」の孫悟空。7つ集めるとどんな願いもかなうというドラゴンボールを探し求めていた孫悟空のストーリーは、成長するにつれて地球の命運を賭けての戦いに。ピッコロ大魔王の登場から熾烈な戦いは始まり、セル、魔人ブウ、フリーザとその敵はどんどん強大化。ときに悟空がその命を落としながらも、その意思は孫悟飯、孫悟天と子供たちに受け継がれていった。その熱い展開に当時は大きなブームを巻き起こし、連載終了から25年がたつ今も世界中で愛されている。

『幽☆遊☆白書』
普通の青年がある日災難にあったことがきっかけで力を手に入れ、大きな戦いに巻き込まれていく…といえば「幽☆遊☆白書」の浦飯幽助。不慮の交通事故で亡くなった幽助は生き返るために様々な試練を乗り越えることに、無事に人間に戻った後も、その強さから様々な戦いに巻き込まれる。その中で戸愚呂兄弟、仙水忍、軀といった強敵を次々と打ち破る。激しいバトルにくわえて、仲間たちとのストーリーや、敵キャラクターの背景も描かれることで大きな人気を博した。連載終了から25年以上たった今も、舞台化が続くなど根強い人気が続いている。

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
「鬼滅の刃」と同じ明治時代を舞台にしたジャンプ作品といえば、「るろうに剣心」。激動の時代を生き抜いた伝説の剣客・剣心が、人が斬れない刀“逆刃刀”を携えて宿敵たちと戦い、新たな時代での生き方を模索していく。その強敵はいずれも剣心と同様に幕末の激動を生き抜いた志士たちばかり。四乃森蒼紫、志々雄真実、雪代縁といった強敵たちが、同じく時代の変遷に飲み込まれながら葛藤を抱えて剣心たちとの激闘を繰り返していく。その姿は変化の多い現代との共通点も多く、敵でありながらどこか憎めない姿に大きな共感を呼んだ。本作もアニメ、実写映画、舞台などメディアミックス化され世界的な人気を誇る。

『ONE PIECE』
次々に登場する強敵を打ち砕き、自分の信念に従って進んでいく主人公といえば「ONE PIECE」のルフィ。一見、底抜けに明るく、先のことを考えていないようで仲間に怒られる場面も多いルフィだが、その実は誰よりも仲間を信じ、信念を貫く強さを持っている。そして多くの仲間とともに、これまでクロコダイル、アーロン、ゴッド・エネル、ドフラミンゴ、シャーロット・カタクリなど、次々と現れる強敵を迎え撃つ!海賊という普通に考えると悪の側に立つ存在でありながら、時に仲間や正義を問いかけるストーリーは、日本のみならず世界中で愛され続けている。

『鬼滅の刃』
そしてこれまでのジャンプヒーローの系譜を受け継ぐのが「鬼滅の刃」の竈門炭治郎。平和に過ごしていた心優しい少年が、突然鬼に家族を奪われたことにより鬼を倒す剣士として成長していく。鬼を倒すための組織「鬼殺隊」に入った炭治郎は、唯一生き残ったものの、鬼となった妹・禰豆子とともに町中で人間を襲う鬼たちを自力で退治しながら我妻善逸、嘴平伊之助といった仲間を得てさらに力をつけていく。しかし、自分の力を上回るような鬼に遭遇することも。那田蜘蛛山で敵対した鬼・累には圧倒的な力の差を見せつけられ絶望しながらも、強い信念により戦いの中で新たな技を身に着けるなど精神力の強さを見せつけた。また、その魅力は主人公たちだけでなく、人間として生まれながら、様々な上で鬼として生きていくことになった敵側の苦悩も描かれており、特に手鬼や累との戦いではストーリーの中で人生や正義といった疑問も投げかける。これまでのジャンプヒーローたちの系譜を受け継ぎつつ、それらを融合させ昇華している本作は、連載当初から大きな反響を呼び、テレビアニメ化をきっかけに世界中で爆発的人気となった。これまでの名作たちとともに後世に語り継がれる作品となることは間違いない。

本作の公開直前の【10月11日(日) 13:00】より、ジャンプ作品が集結する「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2020」も開催。今年はオンラインでの実施となっており、「鬼滅の刃」のパートでは、炭治郎役・花江夏樹さん、禰豆子役・鬼頭明里さんと、煉獄杏寿郎役・日野聡さんの3名が登場するトークショーのが開催されます! 

いよいよ10月16日(金)に公開となる『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、炭治郎たちがさらに強大な敵に立ち向かう姿が描かれます。鬼殺隊の中でも最高位である”柱”のひとりで炎柱の煉獄杏寿郎という強力な仲間を得た炭治郎は、短期間のうちに40人以上もの人が行方不明になっているという“無限列車”の調査に赴くことに。しかし、待ち構えるのは鬼の中でも特に強さを誇る“十二鬼月”のひとり・魘夢。炭治郎や煉獄たちが走り続ける列車の中で鈍なった買いを繰り広げるのか!?そして、魘夢はなぜ鬼となったのか…。ぜひ劇場へ!

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』10月16日(金) 全国公開 
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
パッケージ:TVアニメBlu-ray&DVD第1巻~第11巻発売中
配給:東宝・アニプレックス

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧