体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「毎日、どこでもYouTube」 Googleがテレビ局含む13社による動画番組を配信する『YouTube』オリジナルチャンネル開設を発表

「毎日、どこでもYouTube」 Googleがテレビ局含む13社による動画番組を配信する『YouTube』オリジナルチャンネル開設を発表

Googleは11月27日、『YouTube』に関する記者発表会を開催。13社のパートナーが動画番組を配信するオリジナルチャンネルの開設を発表しました。テレビ局や芸能プロダクション、コンテンツ企業などメジャーどころをそろえ、国内外やさまざまなデバイスに向けた動画配信を強化、「毎日、どこでもYouTube」のコンセプトを打ち出していきます。

メディアプラットフォームとしての特徴 チャンネル中心のデザインに変更

最初にGoogle社のYouTubeプロダクトアジア太平洋統括本部長のアダム・スミス氏が登壇。『YouTube』のメディアプラットフォームとしての特徴として、いつでも利用できること、スマートフォンやタブレット、パソコン、ゲーム機など複数のデバイスから利用できること、動画の共有やコメントなどインタラクティブ性があることを挙げます。ユーザーが関心のある動画が見つかりやすくなるように、“チャンネル”を中心とした視聴体験ができるサイトデザインへ変更したことにより、ユーザーの視聴時間は月間40億時間、ユーザー登録数は50%の伸びを見せていることを明らかにしました。

オリジナルチャンネルの概要

続いて同社YouTubeパートナーシップ日本代表の水野有平氏がオリジナルチャンネルの開設を発表します。これらオリジナルチャンネルは広告モデルで運営されるため、ユーザーは無料で番組を視聴可能。将来見込まれる広告収入を制作費としてパートナー企業に支払い、『YouTube』上に独占配信する動画番組を定期的に配信してもらうというビジネスモデルを採用しています。国内向けだけでなく海外からも視聴者を集め、複数のデバイスに向けた実験的な動画制作を積極的に支援していくことを明らかにしました。

パートナー企業は13社で、計17チャンネルの開設を予定

最初のパートナー企業は13社で、計17チャンネルの開設を予定。毎日配信する番組や週5回、週3回、不定期更新など各チャンネルが独自に番組を編成していきます。

2013年初旬にかけて各社が順次チャンネルを開設

13社のうち、ビコムとフジテレビ、TBSは10月にチャンネルを開設済み。以降、2013年初旬にかけて各社が順次チャンネルを開設していく予定となっています。

この日発表されたパートナーは以下の13社。

ASOBISYSTEM

ASOBISYSTEM
原宿カルチャーを配信する『Harajuku Kawaii チャンネル』を開設

アップフロントワークス

アップフロントワークス
ハロー!プロジェクトなどの所属アーティストによる歌番組やバラエティ番組を開設

コミックス・ウェーブ・フィルム

コミックス・ウェーブ・フィルム
日本のアニメ作品を海外へ発信する『アニメバンチョー』を開設。森りょういち氏による『Peeping Life』のほか、今石洋之氏(『天元突破グレンラガン』)、真島理一郎氏(『スキー・ジャンプ・ペア』)、湯浅政明氏(『四畳半神話大系』)などによる新作アニメを1年間かけて公開を予定

サンミュージックプロダクション

サンミュージックプロダクション
所属のお笑い芸人やダイヤモンド☆ユカイ氏など起用する『OHW Plus – SunMucis Channel』を開設

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。