ラーメンライター井手隊長の美味しかったラーメン月間ベスト5(2020年9月)

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。今回は私が9月に食べたラーメンの中で美味しかったラーメンベスト5をお届けします! 殿堂入りのお店は除外させていただき、初めて訪れたお店に限らせていただきました。美味しいお店探しの参考にしていただければと思います。コロナ騒ぎでなかなか外食が厳しいという方も多いと思いますが、一日でも早く終息することを願って。

それでは発表します!

第5位:Noodle Stand Tokyo(原宿)

原宿の人気店が“JINGUMAE COMICHI”内に移転オープン。

「TOKYO肉中華そば」を注文。

豚の旨味メインで鶏と魚介もほのかに香る。化学調味料不使用で、ノスタルジックな見た目ながら上品な旨味と奥行きが新しい。麺は浅草開化楼製の中太平打ち縮れ麺。チャーシューは分厚いのがどどんと4枚。大満足の一杯。

「世界一おいしいヴィーガンラーメン」もオススメ。

動物系、化学調味料不使用で、豚骨風のスープの厚みは豆乳に昆布ダシ、胡麻ペースト、パイナップルジュースを合わせたもの。食べるごとに味が深まる作りは見事。

第4位:横濱ラーメン あさが家(阿佐ヶ谷)

横浜家系ラーメンの新店。上星川の“寿々㐂家”出身。

「チャーシューメン(並) 青ネギトッピング」をいただく。ランチはライス無料。

どんぶりを埋め尽くす瀬戸内産の青ネギの下にチャーシューが何枚も。麺は酒井製麺。スープは豚骨の厚みしっかり、そして醤油もちゃんと立っていてバランスが素晴らしい。

どっちも立っているのでマイルドながらワイルド。卓上の具入りラー油を入れるとコクが深まって味変になる。

新店でこういうお店が出てきてくれるとは、まだ横浜家系も捨てたものではない。

第3位:流星軒(吉野町)

 

矢沢永吉ファン40年以上の筋金入りの店主のお店。

注文は「流星プレミアムワンタン麺」

具は肩ロースチャーシュー、モモチャーシュー、ワンタン、味玉、メンマ、カマボコ、ネギ。麺は中太ストレートの三河屋製麺製。

醤油ダレにたまり醤油を加えたスープは、醤油のキレがありながらじんわりとした旨味で最高。鶏、豚をはじめ魚介、乾物など様々な食材を使い、複合的な旨味を演出。直前に七輪で炙るチャーシューや、ナンコツの歯応えがあるワンタンも美味しい。

第2位:らーめん 玉 田町店(田町)

 

田町駅前の“msb”が9月にフルオープン。1Fのレストラン街に“玉”がオープンした。

いただいたのは「手打式特製チャーシューメン」

大量に乗った薄切りチャーシューは幻の豚「TOKYO X」。そして醤油と豚の旨味溢れまくるスープに極太平打ちの手打ち麺がヤバウマ。豚と醤油の旨味がバシッと効いていて、実にツボを押さえた一杯に仕上がっている。

第1位:自家製手もみ麺 鈴ノ木(狭山ヶ丘)

埼玉西武ライオンズファンのご夫婦が所沢でオープンした人気店。

「特製ラーメン」をご紹介。

具は豚チャーシュー2種、鶏チャーシュー、ワンタン2個、名古屋コーチン味玉、細切りメンマ、ノリ、ネギ。

スープは大山鶏と山水地鶏の丸鶏で、日本一醤油のたまり醤油と再仕込み醤油、和歌山の丸大豆醤油と生揚げ醤油の4種類を合わせ、魚醬も加えている。麺は極太縮れのモチモチの自家製麺で、茹でる前に一玉ずつ手もみしている。うどん用の小麦も20%混ぜているそうで、モチッと感が良い。

清湯ながら旨味が詰まっており、鶏、醤油ともに濃密。そこに手もみ麺が強めに合わさる。

具もそれぞれが素晴らしい。しっとりとした低温調理チャーシューとホロホロのバラチャーシュー。ワンタンもしっかり餡が詰まっていて旨い。コリコリの細切りメンマもいいアクセント。

これはこれは素晴らしい一杯。ライオンズの選手にもぜひ食べてもらいたい。

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧