体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう「アアアッ」とは言わせない?――富士通製のスマートフォン、タブレット「ARROWS」の今後について考えてみる【コラム】


EXILEもヒューマンセントリックなARROWSにメロメロ?
「ARROWS(アローズ)」と言えば、富士通および富士通モバイルコミュニケーションズのスマートフォン・タブレット端末のブランドですが、皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか?

昨冬の「ARROWS Z ISW11F」、今夏の「ARROWS X F-10D」や「ARROWS Z ISW13F」では発熱によって一部機能に制限がかかりやすいことが話題になりました。また、「ARROWS X LTE F-05D」では熱は前三者ほど問題視されなかったものの、電池消費が非常に速いことが問題視されました。

ARROWSのサブブランドとして扱われている「REGZA Phone」でも、「REGZA Phone T-01D」で発売初日に通話関連の不具合が見つかり販売一時見合わせになったり、その前の「REGZA Phone IS04」も不具合が少なからずあったりしました。

おかげで、REGZA Phone、そしてARROWSに「アアアッ」という不名誉なネットスラングが付けられてしまったのも有名な話です。(詳しくは「アアアッ」でググってみてください)

その一方、ARROWSシリーズのハイスペックモデルは、国内メーカーのスマートフォンとしては、非常に良く売れている部類に入ります。筆者の職場でも、F-05D、F-10Dユーザーは結構いたりします。特に自分が勧めた訳でもないのに……。やはり、海外勢含めても、トップクラスの「全部入り」であることが、購入動機に少なからず入っているようです。

そうした背景から“売れてしまっている地雷”と化している感もあるARROWSシリーズ。今冬、ドコモからは計3機種投入されます。富士通は、今までの機種のことを“反省”せずに、今売れているハイスペック路線をただただ踏襲し突っ走るだけなのでしょうか?

20日、富士通主催で今冬のドコモ向け新商品説明会を開催されました。そこで見聞きしたことと、「ARROWSコレクター」とか「富士通信者」とか巷で呼ばれている筆者の考えを交えて、ARROWSの今後についてちょっと考えてみようと思います。縦長な記事ですが、是非おつきあいください。

■キーデバイスである「通信チップ」供給不足への対処
今夏のスマートフォンでのトピックといえば、全世界的にクアルコム製のチップセット「Snapdragon S4」が品不足になったことです。ドコモでは、一気に「Xi(クロッシィ)」に対応するスマホのラインナップを増やしましたが、Snapdragon S4を採用する一部メーカー・機種において、出荷遅れや発売延期に陥ったことは記憶に新しいです。

もう「アアアッ」とは言わせない?――富士通製のスマートフォン、タブレット「ARROWS」の今後について考えてみる【コラム】

富士通主導の合弁会社、アクセスネットワークテクノロジの坂田社長
そんな中、国内メーカーが作るドコモ向けXiスマホの中で、事実上唯一、影響を受けなかった機種があります。それは「ARROWS X F-10D」でした。実はF-10Dは今夏モデルで唯一、“クアルコム製ではない”LTE通信チップを使っていたのです。その名は「SAKURA(サクラ)」。

ドコモ・富士通・NEC・パナソニックが共同で開発した“日の丸チップ”です。このサクラチップは、スマートフォンでは、昨冬モデルである「ARROWS X LTE F-05D」で初採用となり、今冬モデルである「ARROWS V F-04E」でも採用されています。

サクラチップ採用スマホは、個人的な実感でしかありませんが、クアルコム製チップセットを使った機種よりも通信に安定性があり、以前のコラムでも指摘した“LTEになかなか切り替わらない病”もほぼ起こりません。

ただし、3G(W-CDMA)/2G(GSM)通信に関しては別途通信チップを搭載する必要があり、更にアプリケーションプロセッサ(パソコンでいうCPUに相当する部分)も別チップで搭載しなくてはならないため、全部ワンチップ化したものも用意されているSnapdragonシリーズと比較して電力消費面や基板への実装面で不利な面もあります。

もう「アアアッ」とは言わせない?――富士通製のスマートフォン、タブレット「ARROWS」の今後について考えてみる【コラム】

SAKURAの後継は「COSMOS(コスモス)」!
それでも、今夏の件でも明らかな通り、クアルコムだけがLTE通信チップを供給する状況では、クアルコムに何かあった時に端末供給に影響が出る上、1社の事実上独占も市場的に好ましくありません。

そこで、富士通は、サクラチップの後継LTE通信チップ「COSMOS(コスモス)」、そして更なる後継通信チップを開発すべく、NEC、ドコモ、そして自社の半導体子会社である富士通セミコンダクタと組んで「アクセスネットワークテクノロジ」(ANT)という新会社を設立しました。

コスモスチップは、サクラチップと比較して、2方式のLTE(FD-LTEとTD-LTE)両方に対応した上で、3G/2Gの通信機能を内包しつつ、省電力化・小型化を実現しています。未だにアプリケーションプロセッサは別途搭載する必要がありますが、ANTとしてはアプリケーションプロセッサを自由に組み合わせられることを強みとして訴えていくようです。

極端な話、コスモスチップに、通信機能のないSnapdragonシリーズのプロセッサを組み合わせる、ということもアリなのです。将来的には、アプリケーションプロセッサ内蔵モデルも考えてはいるようですが……。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。