おすすめ猫映画まとめ!実写・アニメも含めた15作をランキングでご紹介

access_time create folderエンタメ
おすすめ猫映画まとめ!実写・アニメも含めた15作をランキングでご紹介

おすすめしたい猫映画をランキング形式でご紹介! 今や犬映画と同じくらい人気の高い「猫映画」。 気まぐれで自由な猫の性格によって、犬映画とはまた違った魅力を放っています。 今回は邦画、洋画、アニメを含めた15作品をまとめました。気になる猫映画をぜひ見つけて下さい!

おすすめ猫映画ランキング 第15位『猫侍』

猫侍

猫侍

SCORE

集計中…

2014年3月1日より公開
2013年/日本/100分

more

『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』といった動物シリーズを手掛けてきた制作が、新たに生み出した猫映画。
強面の北村一輝が、白猫にひたすら萌えて、悶えるコメディ時代劇です。
「どんな人でも骨抜きにしてしまう魔性の猫」と出会ったことで、様々な事件に巻き込まれてしまう北村一輝にも注目。ツンツンした猫に翻弄される姿もギャップ萌えです。
ドラマ版もありますが、主人公以外の登場人物が異なるなど、別のストーリーとして描かれています。
さらに映画版も『猫侍 南の島へ行く』という続編が制作されました。

おすすめ猫映画ランキング 第14位『私は猫ストーカー』

私は猫ストーカー

私は猫ストーカー

SCORE

集計中…

2009年7月4日より公開
2009年/日本/103分

more

イラストレーターの浅生ハルミンによるエッセイを実写化した猫映画。
猫を見かけると、ついていかずにはいられない、正真正銘の猫ストーカーである主人公を描いたストーリーです。
猫好きなら一度はやってみたいと思う「猫ストーカー」。
本作のように、猫の後を追って意外な出会いが待ち受けている展開は、ジブリ作品『耳をすませば』に通じるところがあります。(もちろん、実際にやるのはあまりおすすめできないかも…汗)
本作の主題歌「私は猫ストーカー」の歌詞は、原作者の浅生ハルミンと、本作の監督である鈴木卓爾が作詞しました。

おすすめ猫映画ランキング 第13位『猫なんか読んでもこない』

猫なんかよんでもこない。

猫なんかよんでもこない。

SCORE

集計中…

2016年1月30日より公開
2016年/日本/103分

more

風間俊介が主人公であるボクサーを演じた猫映画。
原作はエッセイコミックであり、アニメ化もされた作品です。
本作のユニークなところは、主人公が犬派であり、嫌々ながら2匹の猫を引き取るという点です。
猫と一緒に過ごすことで、自分や周囲を見つめ直すストーリーは、今まで人生で気づかなかったことを教えてくれます。
作中では、元気いっぱいに動き回る2匹の猫がおすすめのシーンです。

おすすめ猫映画ランキング 第12位『レンタネコ』

レンタネコ

レンタネコ

SCORE

集計中…

2012年5月12日より公開
2011年/日本/110分

more

『かもめ食堂』を手掛けた荻上直子監督の猫映画。
あらゆる訳ありな人物に、猫を貸し出す「レンタネコ」を営む主人公を、市川実日子が演じています。
「猫を貸し出して商売だなんて!」と思うかもしれませんが、ちゃんと貸し出す人の審査があるので大丈夫です。猫を飼っている人にもおすすめできる映画です。
他にも、猫を飼っている人なら、誰でも一度は憧れるような主人公の生活は必見。
平屋の家で、たくさんの猫と気ままに生活している様子は、羨ましい限りです…。

おすすめ猫映画ランキング 第12位『先生と迷い猫』

先生と迷い猫

先生と迷い猫

SCORE

集計中…

2015年10月10日より公開
2015年/日本/107分

more

イッセー尾形が主人公の元校長先生を演じ、亡き妻が可愛がっていた猫のミイを探すドラマ猫映画。
ミイを可愛がっていた人物は妻だけでなく、町の人たちも同じようにミイに愛情を注いでいたと知る、温かい人間ドラマでもあります。
いわゆる猫映画として媚びた演出がまったくなく、猫映画に興味がない人にも見てほしいおすすめ映画。
ランキングは12位ですが、個人的には終わり方がとても好きな作品です。

おすすめ猫映画ランキング 第10位『メン・イン・キャット』

メン・イン・キャット

メン・イン・キャット

SCORE

集計中…

原題:NINE LIVES
2016年11月25日より公開
2016年/フランス 中国/87分

more

『ベイビー・ドライバー』や「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のケビン・スペイシーが、トンデモ社長から猫と意識が入れ替わってしまうコメディ猫映画。
プライドの高い社長が、自分の娘や妻に猫として飼われ、あらゆる自尊心を傷つけられる映画です。
ちなみに猫のペットショップを経営する男性を演じたクリストファー・ウォーケンは、大の猫好きで知られる俳優。
ただ、猫のCGが若干シュールなので、そこは好みが分かれそう。
個人的には傲慢社長がメンタルをボコボコにされる映画としてみたほうがおすすめかも知れません。

おすすめ猫映画ランキング 第9位『ヘルボーイ』(04)

ヘルボーイ(2004)

ヘルボーイ(2004)

SCORE

集計中…

原題:Hellboy
2004年10月1日より公開
2004年/アメリカ/132分

more

『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督による怪物映画。
猫映画とは程遠いジャンルのように見えますが、実は主人公のヘルボーイは、数十匹の猫と暮らしています。
悪魔なので見た目はもちろん、性格もかなり怖いヘルボーイですが猫には優しいです。
猫とヘルボーイというギャップが可愛いので、個人的におすすめしたい映画です。
ちなみに原作コミックにはヘルボーイが猫好きという設定はなく、デル・トロ監督のオリジナル設定になります。

おすすめ猫映画ランキング 第8位『ルドルフとイッパイアッテナ』

ルドルフとイッパイアッテナ

ルドルフとイッパイアッテナ

SCORE

集計中…

2016年8月6日より公開
2016年/日本/89分

more

1987年の刊行された児童文学「ルドルフとイッパイアッテナ」をフル3DCGアニメーションによって映画化した猫映画。
ルドルフの声を井上真央、イッパイアッテナの声を鈴木亮平が担当してます。
文字が理解できるイッパイアッテナと、野良の世界を知らないルドルフの掛け合いは、子供だけでなく大人にもおすすめです。

おすすめ猫映画ランキング 第7位『長ぐつをはいたネコ』

長ぐつをはいたネコ

長ぐつをはいたネコ

SCORE

集計中…

原題:Puss in Boots
2012年3月17日より公開
2011年/アメリカ/90分

more

大ヒットアニメ『シュレック』に登場するキャラクター「長ぐつをはいたネコ」のプスを主人公にしたスピンオフ映画。
シュレックに出会う前のプスの活躍を描いています。
世界を征服できる魔法の豆を悪党から取り返す、おすすめの「アドベンチャー猫映画」です。
渋いキャラクターのプスですが、猫の本能には逆らえないシーンなど、ギャップもたまりません!ちなみに本国の声優は、『マスク・オブ・ゾロ』のアントニオ・バンデラスです。渋い…。

おすすめ猫映画ランキング 第6位『泣きたい私は猫をかぶる』

Netflixオリジナルアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』は、もともと劇場公開を予定していたものの、新型コロナの影響でNetflix配信映画となりました。
猫映画でもあり、猫に変身できる不思議なお面を手にした女子中学生を描く青春アニメでもあります。
アニメならではのファンタジーな演出もおすすめポイント。
脚本には「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でおなじみの、岡田麿里が参加しています。

おすすめ猫映画ランキング 第5位『旅猫リポート』

旅猫リポート

旅猫リポート

SCORE

集計中…

2018年10月26日より公開
2018年/日本/118分

more

「図書館戦争」シリーズで知られる人気作家・有川浩の同名小説を実写化した猫映画。
交通事故に遭った猫のナナを助けた青年が、ある理由で新たな飼い主を探すというストーリー。
青年を福士蒼汰が演じ、猫のナナの声を高畑充希が担当しました。
ちょっとカールがかかった猫のナナの毛並みがキュート!猫好きにおすすめしたい反面、「別れ」がテーマになってるので、猫を飼っている人は号泣することでしょう。
ちなみに筆者は予告編で泣きました。

おすすめ猫映画ランキング 第4位『猫が教えてくれたこと』

猫が教えてくれたこと

猫が教えてくれたこと

SCORE

集計中…

原題:KEDI
2017年11月18日より公開
2016年/アメリカ/79分

more

猫映画であり、地域の特色を楽しめるドキュメンタリーでもある本作。
トルコ・イスタンブールに暮らす7匹の野良猫たちと、その地域に暮らす人々の生活を捉えています。
わざと猫の目線で捉えたカメラワークは、猫たちの自由気ままな生活を体感できておすすめ!
アメリカでは最初1館でしか上映しなかったにも関わらず、その人気から130館まで拡大するという異例の事態に。
ドキュメンタリーはお堅いイメージがある人にも見てほしい、おすすめの猫映画です。

おすすめ猫映画ランキング 第3位『猫の恩返し』

猫の恩返し

猫の恩返し

SCORE

集計中…

2002年7月20日より公開
2002年/日本/75分

more

『耳をすませば』の主人公、月島雫の書いた小説という設定の本作には、あのバロンだけでなく多くの猫が登場します。
『耳をすませば』にも登場した太った猫がモデルのムーンも登場し、声優は渡辺哲が担当。
他にも、主人公や猫の声を担当するキャストが豪華!
主人公の吉岡ハルを池脇千鶴、バロンを袴田吉彦、ムーンを山田孝之が演じました。
ユニークな猫たちの活躍も必見の、おすすめアニメです。

おすすめ猫映画ランキング 第2位『ねことじいちゃん』

ねことじいちゃん

ねことじいちゃん

SCORE

集計中…

2019年2月22日より公開
2018年/日本/103分

more

猫の写真家としても知られる岩合光昭氏が、初監督を務めた猫映画。
小さな島に暮らす、妻に先立たれおじいちゃんとその愛猫・タマとの日常を描いたコミックエッセイが原作です。
これまで数え切れないほどの猫を撮影した監督だけ合って、やはり猫の表情がとても生き生きとしています。
正直、場面写真だけでもずっと眺めていられるほど…笑
どんな猫映画を見ようか迷っている人は、まずは本作から見るのがおすすめです。

おすすめ猫映画ランキング 第1位『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

SCORE

54%

原題:A STREET CAT NAMED BOB
2017年8月26日より公開
2016年/イギリス/103分

more

ホームレス同然の生活を送るだけでなく、麻薬に溺れてしまったストリートミュージシャン。彼の前に現れた一匹の野良猫との出会いから、人生を再生していくベストセラーを実写化した猫映画です。
この映画に出演している猫はタレント猫ではなく、ベストセラーになった野良猫のボブそのもの!元野良猫とは思えない演技力は必見。
同時に麻薬の恐ろしさや貧困も捉えており、映画としての完成度も非常に高いので、映画ファンにもおすすめ。
残念ながらボブは2020年の6月に死んでしまいましたが、多くの人に感動をもたらしてくれました。


関連記事リンク(外部サイト)

エンドロールの曲が素敵な映画10選!アーティスト・曲名も掲載!
【転職か?】働き方改革を推進したほうがいい映画まとめ
【敬老の日】お年寄りが主役の映画まとめ!映画のおじいちゃん・おばあちゃんは今日もイキイキ

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧