「考える」と「行動する」を重視したSDGs入門書! 『お笑い芸人と学ぶ 13歳からのSDGs』刊行!

access_time create folderエンタメ

「考える」と「行動する」を重視したSDGs入門書! 『お笑い芸人と学ぶ 13歳からのSDGs』刊行!

くもん出版は、一般書『お笑い芸人と学ぶ 13歳からのSDGs』を、2020年9月28日に刊行。政府、企業、学校などが取り組むSDGs(持続可能な開発目標)について「難しくて、よくわからない」「何をしたらいいの?」「自分に関係あるの?」と感じてはいないでしょうか? 本書は「笑って学ぶSDGs」という講座を全国の学校や自治体で行っている、お笑い芸人・お笑いジャーナリストのたかまつなな氏によるSDGs入門書。単に「知る」だけではなく、自分ごととして「考える」「行動する」ことを重視した一冊。
 
著者たかまつなな氏は、お笑い芸人・お笑いジャーナリストとして、SDGs を楽しく学べる講座「笑って学ぶSDGs」を全国の学校や自治体、企業などで行っている。本書では、この講座の内容をもとに、SDGsをやさしく、スッキリ解説。環境問題や人権問題など、SDGsが扱う内容をどこか遠い話として捉えている人もいるのではないだろうか。けれども、どの問題も私たちの生活と無関係ではない。そこで本書では、身の回りに起こりそうな話題を用いながら「SDGsの自分ごと化」を目指している。
 
_prw_PI2im_DZc6kbQU.jpg
 
本書は、単にSDGsを「知る」ためだけの本ではありません。SDGsを自分ごととして「行動する」「議論する」という、アクティブに取り組める内容も含んでいる。第1章「このままだと未来が危ない?!」、第2章「3分でわかるSDGsの考え方」、第3章「世界を変える17の目標」では、身近な話題からSDGsを知っていく内容。第4章では「今日からできるSDGs100のアクション」として、「SDGs のために、何をしたらいいかわからない」という方のために、100個のアクションリストを用意。子どもから大人まで、身の回りの小さなことや自分ができることからSDGs のために行動を起こすことができる。第5章「考えよう! ニッポンの課題」では、現代の日本が抱える5つのテーマを挙げている。答えのない問題を考える教材としても最適。
 
_prw_PI3im_ejfs4vtd.jpg
 
また、出版を記念して、全5回のオンライン無料イベントが開催される。出版に合わせて、さらにSDGsを盛り上げていくためにも、SDGsを知っている方から知らない方までを対象に、幅広いテーマが設けられている。登壇者には、お笑いコンビ ナイツ氏、アルピニスト 野口健氏・絵子氏親子ほかを予定し、さまざまな角度からSDGsを考えられるイベントとなっている。
 
_prw_PI4im_lrYvQ35v.jpg

関連記事リンク(外部サイト)

9月28日(月)ロフトチャンネルから配信!山内圭哉&福田転球/親戚のおじさんナイト/Big Day Coming/MIMIZUQ
U2『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド(20周年記念盤)』から先行トラックがリリース、リリック・ビデオも公開!
週末は韓流ドラマざんまい! ヒョンビン&ハ・ジウォン主演のファンタジーラブストーリー「シークレット・ガーデン」オンエア!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftop

Rooftop

LOFT PROJECT発、エンターテイメント・メディア Rooftop! 古今東西南北、ポップカルチャー最前線。"Rooftop"!古今東西南北、ポップカルチャー最前線。鮮度の高いニュースを毎日更新、キレとコクのあるインタビュー&コラム満載!

ウェブサイト: https://rooftop.cc/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧