Amazonが性能を強化した「Fire TV Stick」を9月30日に4980円で発売へ

access_time create folderデジタル・IT

Amazonは9月25日、メディアストリーミング端末「Fire TV Stick」の新モデルを発表、予約受付を開始しました。価格は4980円(税込み)。

1.7GHzのクアッドコアプロセッサ―を搭載し、前モデルのFire TV Stick(第2世代)と比べて50%パワフルになった一方で、消費電力を半分に低減。1080p/60fpsのストリーミングで、HDRの鮮明な映像とDolby Atmosの臨場感あるオーディオが楽しめます。付属のリモコンは音声認識ボタンを押しながら話しかけることで、Alexaによる音声操作やスマートホーム機器の操作が可能。

年内には新ユーザーインタフェースの提供を予定。メインメニューを画面の中央に配置して、お気に入りのアプリやチャンネルなど、よく利用するサービスに素早くアクセス可能にするほか、対応するアプリにカーソルを合わせるだけで提供されるコンテンツを素早く確認、再生できる機能、「探す」メニューにより人気の映画やテレビ番組を簡単に見つけられる機能などを提供します。

9月30日に出荷開始を予定。エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ドン・キホーテ系列店舗、ビックカメラ、ヤマダ電機でも9月30日以降に販売開始を予定しています。

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧