体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペン入力も大きく進化!クアッドコアCPU搭載の「GALAXY Note II SC-02E」を購入したので開封してみた【レビュー】


新しいギャラノの実力はいかに?
NTTドコモから先週16日(金)に発売されたAndroid 4.1(開発コード名;JellyBean)を搭載したスマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」(サムスン電子)は、5.5インチディスプレイ、クアッドコアCPUを搭載し、ペン入力に対応したハイスペックモデルとなっています。

先代の「GALAXY Note SC-05D」と比較してCPUがデュアルコアからクアッドコアに進化して動作が非常に軽快になり、ペンの操作性も向上しました。

筆者もGALAXY Note II SC-02Eを購入しましたので、開封レポートをお届けします。

■先代のGALAXY Note SC-05Dと箱を比較してみた
それでは、早速開封していきましょう。まずは、先代のGALAXY Note SC-05Dと箱を比較してみました。

IMG_8721

GALAXY Note SC-05D(左)、GALAXY Note II SC-02Eの化粧箱

GALAXY Note SC-05D、GALAXY Note II SC-02Eともに白ベースの化粧箱となっており、外観の印象は非常に似ています。

IMG_8727

高さはGALAXY Note II SC-02E(奥)のほうが高い。

IMG_8729

横幅はGALAXY Note SC-05D(奥)のほうが広い。

箱のサイズは、GALAXY Note II SC-02Eのほうが高さが高くなっていますが、横幅はGALAXY Note SC-05Dより狭くなっています。

■気になる同梱物をチェック!
それでは、箱を開封してみましょう。箱は上に引き上げて蓋を外すタイプになっています。

IMG_8732

GALAXY Note II SC-02Eが箱のサイズぴったりに収納されている。

IMG_8734

本体を取り出すと内蓋がある。

IMG_8735

内蓋を開けると、同梱のフリップカバーが見える。

IMG_8738

フリップカバーの下には、その他同梱品が収納されている。

IMG_8740

(左上から)箱、フリップカバー、本体、(左下から)書類等の小袋、USBケーブル、マイク付きステレオヘッドセット、イヤーピース。

IMG_8759

小袋の中身。(左上から)あんしんポケットガイド、クイックスタートガイド、(左下から)2GB microSDカード、Bluetooth機器/無線LAN機器ご使用上の注意

試供品の2GB microSDは本体には装着されておらず、小袋の中に入っていました。

また、今回からACアダプターが同梱されておらず、購入時にドコモ純正品のACアダプター03の購入を案内されました。GALAXY Note SC-05DではUSBに装着するACアダプターが同梱されていたので残念です。

このあたりは、オプションの共通化をすすめたいというドコモの狙いがあるのかもしれませんね。

■GALAXY Note II SC-02Eの本体をチェック!
いよいよ、本体を取り出します。

IMG_8741

GALAXYではお馴染みのプリントが印字された保護フィルム!

GALAXYシリーズではお馴染みの、プリント印字された保護フィルムが貼られています。いつも思うのですが、このフィルムをつけたまま初期設定をする店員さんは大変そうでした。

IMG_8743

裏面にもバッテリードア着脱とおサイフケータイの注意の印字がある。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。