『麒麟がくる』第24回「将軍の器」吉田鋼太郎演じる新たな松永久秀像が魅力的!第1話からの視聴率一覧つき

access_time create folderエンタメ
『麒麟がくる』第24回「将軍の器」吉田鋼太郎演じる新たな松永久秀像が魅力的!第1話からの視聴率一覧つき

『麒麟がくる』第24回。足利義輝の暗殺を知った十兵衛は、松永久秀の元へ駆けつけます。「どういうことですか!」と問い詰める十兵衛。十兵衛の無礼にも懐の広い反応を示す新しい松永久秀像。最新の歴史研究を反映している「麒麟がくる」ならではの描写とは?

第24回「将軍の器」あらすじ

足利将軍義輝が暗殺されたという報を聞いた明智十兵衛(長谷川博己)。急いで松永久秀(吉田鋼太郎)の元へ駆けつけ、「義輝を討たぬと言ったのに約束が違う!」と攻めた。松永は、「自分の読みが甘かった。息子たちや三好義継がそこまでするとは思わなかった。」と非を認め、「こうなってしまった以上、次の将軍を決めなければならない。」と、仏門に入っている義輝の弟、覚慶(滝藤賢一)を支持する意向を伝える。しかも、「覚慶さまが将軍の器かどうか確かめてほしい」と越前の朝倉義景から示唆され、十兵衛は覚慶の元を訪ねるのだった。

13代将軍足利義輝の最後「永禄の変」

1565年、13代将軍足利義輝が三好義継率いる軍勢に暗殺されました。権力が失墜し、お飾りの将軍であった義輝。塚原卜伝に剣術を習った剣豪将軍として、襲い掛かる軍勢に立ち向かったと伝えられています。一説では、畳に何本も刀を刺し、敵を斬っては新たな刀で応戦するという壮絶な戦いを演じたと伝わっています。
麒麟を呼ぶ平和な世を作れなかった義輝。最後には、一人の武士として死んでいきました。

プンプン怒る明智十兵衛、松永久秀のもとへ

越前(福井県)で義輝の暗殺を知った明智十兵衛は、大和(奈良)の松永久秀の元に駆けつけスゴイ剣幕で怒りをぶつけます。「なぜ三好義継や息子たちに義輝を暗殺させたのか」と問い詰める十兵衛。
十兵衛のことを気にかけている松永久秀は、「義輝暗殺は知らなかった」と言い、「とめられなかった責任は俺にある」と十兵衛をなだめます。「そんなに憎いなら撃ちなさい」と十兵衛に銃を渡す久秀。
よくよく考えれば、一介の浪人である十兵衛が、時の人である松永に文句をつけるなんてかなり無謀な所業ですが、松永久秀は懐が深いですね。十兵衛に「知らなかった自分の責任だ」と謝罪するんですから。

『麒麟がくる』第24回「将軍の器」吉田鋼太郎演じる新たな松永久秀像が魅力的!第1話からの視聴率一覧つき

十兵衛愛が強すぎる松永久秀

他人の城に勝手にやって来て文句をつける浪人に対して、ここまで真摯に対応してくれるなんて、よっぽど十兵衛を愛して……いや、信頼しているのですね。十兵衛の才能を気にかけ、「浪人で収まらず、もっと中央に関わってこい」と誘っているようにも感じました。
斎藤道三と同様に、たたき上げの梟雄というイメージが強かった松永久秀ですが、『麒麟がくる』では、だいぶ人物像が違います。以前は「永禄の変」の首謀者とされる描写が目立ちましたが、今回は、実は関与していなかったのでは?という新たな研究結果を反映している描かれ方でした。

『麒麟がくる』第24回「将軍の器」吉田鋼太郎演じる新たな松永久秀像が魅力的!第1話からの視聴率一覧つき

覚慶にもすんなり会ってしまう十兵衛

覚慶(滝藤賢一)がかくまわれている甲賀にやってきた十兵衛。旧知の仲の三淵藤英(谷原章介)と細川藤孝(眞島秀和)に出会います。すると、脱走していた覚慶が帰ってきて「死にたくない」と愚痴ります。ボロボロの将軍候補の姿を見た十兵衛は、敬愛していた義輝とのギャップに失望を感じたのかもしれません。
三淵と藤孝は、「覚慶さまを引き受ける件、朝倉義景殿に何卒よろしく」とお願いしますが、十兵衛の責任ってかなり大きいですよね。次期将軍の器があるかどうか確かめるなんて!

『麒麟がくる』第24回「将軍の器」吉田鋼太郎演じる新たな松永久秀像が魅力的!第1話からの視聴率一覧つき

朝倉義景は優柔不断?

越前の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)のもとに帰った十兵衛は、自分が見てきた覚慶の様子を義景に伝えます。筆者が小学生の頃に読んだ歴史まんがでは、朝倉義景は重要な決断ができずに好機を逃してしまった人物として描かれていました。
覚慶を越前に迎えたものの、上洛して将軍の座につけるという決断ができず、ぐずぐずしていて織田信長にチャンスを取られてしまった。という理解でした。最新の歴史研究を反映している『麒麟がくる』では、どのように描いていくのか興味があります。ユースケさんの演じる義景は、ただの優柔不断な人という感じでもなくて、妖しさもあって魅力的ですね。

『麒麟がくる』第24回「将軍の器」吉田鋼太郎演じる新たな松永久秀像が魅力的!第1話からの視聴率一覧つき

『麒麟がくる』連載記事一覧は下記記事の最終ページにまとめてあります

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第一話ネタバレなしでキャスト&あらすじ紹介 明智光秀が悟る麒麟の意味は?  | 海外ドラマboard

麒麟がくる視聴率

タイトル視聴率ストーリー第1回光秀、西へ 19.1%光秀、斎藤道三の許しを得て京へ。三淵藤英、松永久秀、望月東庵、駒と出会う。第2回道三の罠(わな)17.9%光秀、美濃に戻り斎藤道三と織田信秀の戦いに参戦し、戦いの虚しさを知る。第3話美濃の国16.1%光秀、斎藤高政に美濃をどう変えれば良い国になるのか話し合いたいと伝える。第4話尾張潜入指令13.5%光秀、尾張に潜入し、織田の館で竹千代(徳川家康)に出会う。第5話伊平次を探せ13.2%光秀、再び京へ。本能寺で足利義輝、そして後に盟友となる細川藤孝に出会う。第6話三好長慶襲撃計画13.8%光秀、三好長慶への襲撃計画を知り阻止するが、傷を負い駒と東庵に再会する。第7話帰蝶の願い15.0%光秀、尾張に嫁ぎたくないという帰蝶と、嫁がせたい道三との間で板挟みになる。第8話同盟のゆくえ13.7%光秀、帰蝶に尾張行きを助言し、斎藤道三と織田信秀の同名に一役買う。第9話信長の失敗15.0%光秀、妻木氏の娘、熙子と再会する。帰蝶、信長と出会い父への思いを知る。第10話ひとりぼっちの若君16.5%光秀、道三に命じられ織田の情勢を探るために帰蝶の元を訪ねる。第11話将軍の涙14.3%光秀、交渉人として足利義輝に会い、今川と織田の戦を仲裁してもらう第12話十兵衛の嫁14.6%光秀、熙子を嫁にもらい母と叔父を安心させる。第13話帰蝶のはかりごと15.7%光秀、道三に土岐頼芸との戦をやめるように願う。その後、聖徳寺に供をする。第14話聖徳寺の会見15.4%光秀、道三と高政の考え方の対立に意見を求められ、高政に同調する。第15話道三、わが父に非ず14.9%光秀、美濃の守護代となった高政と隠居した道三の争いに巻き込まれる。第16話大きな国16.2%光秀、高政と道三との戦で、道三側につくことを決める。第17話長良川の対決14.9%光秀、叔父の光安に頼まれ左馬助と共に明智の荘を捨て落ち延びる。道三死去。第18話越前へ15.1%光秀、駒、菊丸、伊呂波太夫に助けられ、越前の朝倉義景の元へ逃げ延びる。第19話信長を暗殺せよ15.7%光秀、朝倉義景の代理で、将軍足利義輝に会うために上洛する。第20話元康への手紙15.3%光秀、朝倉家へ仕官しようと鉄砲の腕を見せる。一方で、帰蝶へある助言をする。第21話決戦!桶狭間16.3%光秀、今川義元を倒した桶狭間の戦い後の信長に水を差しだし、勝利を褒める。第22話京よりの使者14.6%光秀、足利義輝に呼ばれて京へ上り、織田信長を呼んでくると約束する。第23話義輝、夏の終わりに13.4%光秀、織田信長の説得に失敗。義輝を助けられず失意のまま越前に戻る。第24話将軍の器光秀、足利義輝の暗殺後、弟の覚慶に将軍の器があるかどうか確かめる。第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話

出典元:ビデオリサーチ参照


関連記事リンク(外部サイト)

8月30日放送再開!NHK大河ドラマ『麒麟がくる』今までの個人的ベストシーン&キャラクターを発表します
NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第20話あらすじ 浪人、明智十兵衛が帰蝶に入れ知恵した秘策は、松平元康
NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第19話あらすじ バカ正直な十兵衛にフラれまくる斎藤義龍 廊下でメンチをきる

access_time create folderエンタメ
海外ドラマboard

海外ドラマboard

海外ドラマのニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキングなどを掲載している海外ドラマサイト。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧