『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』待望の公開! 感想&半券応募キャンペーンも実施中

access_time create folder映画

2020年9月18日、『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が待望の公開日を迎えました。

暁佳奈氏による第5回京都アニメーション大賞受賞作が原作で、2018年1月~4月にアニメ版が放映されたこの作品。「武器」として戦っていた孤児の少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋として、かつての上官ギルベルト少佐の友人・ホッジンズが起こしたC.H郵便社で働きはじめ、ギルベルトが最後に残した「愛してる」の意味を知ろうとするストーリーと、美麗な映像表現は多くのファンを虜にしました。

その後、2019年9月には映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝-永遠と自動手記人形-』が公開。今回の劇場版によって生死不明だったギルベルトとヴァイオレットが再び邂逅することになるのか、注目が集まっていました。

劇場版では、アニメ版と同様に石立太一氏が監督、シリーズ構成の吉田玲子氏が脚本、キャラクターデザインを手掛けた高瀬亜貴子氏が総作画監督を担当。ヴァイオレットと過去と現在、さらに未来から見たヴァイオレットとC.H郵便社、「自動手記人形」の存在が繊細に絡み合います。

とりわけストーリー上で重要なのは、アニメ版10話に登場したアン・マグノリアの孫のデイジーが登場し、ヴァイオレットの足跡を追うことでしょう。まだ未見という人は、Netflixで配信されているので1度視聴しておくことがおすすめです。

本作では、一度教えられた言動は絶対に忘れないヴァイオレットの心象描写が全編を通して描かれており、それがクライマックス、そしてエンドロールにまで繋がっています。美麗な風景や天候の描写も際立っており、「アニメの凄さ」を体感することもできるはずです。

現在、入場者プレゼントとして『原作者・暁佳奈 書き下ろし短編小説冊子』が数量限定で配布中。また、感想投稿キャンペーンや、半券を撮影して応募すると抽選でサイン入りアフレコ台本などが当たるキャンペーンを実施していますので、こちらの情報も要チェックです。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト
http://violet-evergarden.jp/ [リンク]

(c)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

access_time create folder映画

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧