中国に渡った欧州トップ選手たち。年俸は?現在は?

access_time create folderエンタメ

中国に渡った欧州トップ選手たち。年俸は?現在は?
写真提供: Gettyimages

これまで数多くの欧州トッププレイヤーが、母国あるいはビッグクラブを離れて中国に渡っている。中国マネーに惹かれてと断定するわけではないが、自身のサッカーキャリアのステップアップとして中国への移籍を決めた選手は少ないはずである。

今回は、欧州で結果を残した後に中国のリーグに移籍するという大きな決断をした3選手の状況を見てみよう。

ヤヤ・トゥーレ 写真提供:Gettyimages

ヤヤ・トゥーレ

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ。彼について最初に思い浮かぶのは、アフリカ年間最優秀選手賞を4回(2011、2012、2013、2014)も受賞したこと。また、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いたバルセロナで中盤の柱として活躍した時代(2007-2010)や、その後マンチェスター・シティ(2010-2018)で230試合に出場しプレミアリーグ初制覇に貢献したことであろう。

欧州のビッグクラブで主役として活躍したコートジボワールの巨人はその後どうなったか。

2018年。シティでのキャリアを終えたヤヤ・トゥーレは、ギリシャリーグのオリンピアコスへ移籍した。しかし、移籍が決まったわずか約4ヶ月後に退団し、わずか5試合のみの出場で終わっている。36歳を迎え、引退を決心していたヤヤ・トゥーレは最後の挑戦を試みた。フリーとなった彼は、中国2部リーグの青島黄海のオファーを受け入れて中国に飛び立った。

青島黄海では14試合に出場し、2ゴールをマーク。同クラブのスーパーリーグ(1部)昇格に貢献したが今年1月に退団し、現在は無所属となっている。欧州で大きな結果を残した選手であるにも関わらず、彼の現在地を把握している人は少ないと思われる。

オスカル 写真提供: Gettyimages

オスカル

ブラジル代表MFオスカルは、母国のサンパオロとインテルナシオナルで経験を積んだ後、2012年に欧州に渡った。チェルシーが3200万ユーロ(約40億円)という膨大な移籍金を払って獲得した。チェルシーでは2017年までの5年間で、131試合に出場し21ゴールをマーク。UEFAヨーロッパリーグ(2012-13)フットボールリーグカップ(2014-15)プレミアリーグ(2014-15)のタイトルを獲得している。

欧州での初経験はオスカル自身にとっても満足のいく結果であっただろう。彼は順調に成長を続けていた。そしてサッカー選手のキャリアとして最盛期を迎えた2017年、中国リーグ上海上港のオファーを受けたのだ。彼も中国クラブによる“爆買い”のターゲットとなり、25歳という若さで大舞台である欧州を離れて中国に移籍することになった。

オスカルが中国へ移籍を決断した最も大きな要因は、4年間で9600万ユーロ(約120億円)という高額な年俸と言われている。彼は移籍について次のようにコメントしている。

「中国に移籍した理由?今回はキャリアより家族のことを考えたから中国に来た。きっとどんな決断をしても、人々はその決断に対して良いとか悪いとか評価を下すだろうね。ここに来たのと同じように、またいつかヨーロッパに戻ってプレーすることは可能だと思っている」

現在もオスカルは中国でプレーを続けており、家族のための“貯金”が終わった後に欧州に戻ること計画しているようである。

ステファン・エル・シャーラウィ 写真提供:GettyImages

ステファン・エル・シャーラウィ

イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ。イタリアではミランやローマなどでプレーし、2015年にはモナコでのプレー実績も持つ。2012年にセリエA若手サッカー選手賞を受賞したイタリアのスターである。

エル・シャーラウィもオスカル同様にキャリアのピークを迎えた時期に中国(上海申花)からのオファーを受け、年俸1600万ユーロ(約20億円)の4年間の契約にサインした(現在サッカー界イタリア人選手で最も年俸が高いのはエル・シャーラウィである)。

26歳で欧州を離れて中国に移籍したことに対して、エル・シャーラウィは多くの批判を受けた。サッカーよりもお金を選んだことにどうしても納得がいかなかったサポーターが多くいたようである。

ではどれ程のお金であるか、エル・シャーラウィの年俸を少し分けて見てみよう。年俸1600万ユーロ(約20億円)。月給130万ユーロ(約1.6億円)。日給44000ユーロ(約550万円)。時給1833ユーロ(約23万円)。分給35ユーロ(約4300円)。批判者がこの数字を見れば、彼が移籍するという決断をしたことを受け入れやすくなるだろう。

エル・シャーラウィも欧州の舞台に戻ることを望んでいることを何度もインタビューでコメントしており、4年間の契約が満了する前に“家”に戻ると思われる。


関連記事リンク(外部サイト)

元ユーベFWマンジュキッチ、まもなくロコモティフ・モスクワへ移籍
トッテナム、レギロンの獲得に向けて動く…マンUとの争奪戦に
ローマ、ミリク獲得に向けナポリと合意か…

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧