ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

当選者だけが行ける『眠眠打破』イベントでNMB48と屋形船に乗ってきたんだニャン♪

“ご褒美付き” ニャンニャンじゃんけん

会話&食事タイムの後はじゃんけんイベント「ニャンニャンじゃんけん」。全員が”あにめニャン”小笠原さんとじゃんけんをし、勝ち抜けた人にはご褒美となる。

じゃんけん大会

最初のゲームでは、あにめニャンのじゃんけんが強すぎて、なかなか決まらない場面も。「最初はニャン! ニャンニャンニャハー!」の掛け声で、見事勝ち抜いたのは「やのニャン」さん。

じゃんけん大会2

メンバーたちに囲まれて、CMソングにもなった「妄想ガールフレンド」を一緒に歌い、”ご褒美”を堪能した。

熱唱中 熱唱中2

「こんな体験出来て、明日死んでもいいかなと思ってます」という、やのニャンさんの感想に対し、「生きてニャン!」「日本の未来のために明日も頑張って生きてください」というツッコミ。会場は笑いに包まれた。

続いての次のゲームではメンバー全員と一緒に写真が撮れるご褒美。勝ち抜いたのは「まさいニャン」さん。貴重なグループショットの撮影が行われ「うれしいニャン」と照れながらの感想を述べた。

あにめニャン 記念撮影

あっという間の2時間だったニャン……

気が付けば「かぐや姫」号は船着き場に戻り、楽しい2時間はあっという間に過ぎた。

「今日のこの貴重な体験を励みに今日を、そして明日、未来に向かって『眠眠打破』を飲んで生きていただきたいと思います!」という司会者のコメントでこの宴は幕を閉じた。

メンバー退場

船を下りると、通路ではメンバーが一列でお見送り。参加者ひとりひとりがメンバーと言葉を交わしながら、ハイタッチで出口に向かった。丁寧に言葉を交わすMNB48と参加者たちの姿に、見ているこちらが名残惜しい気分にさせられた。

お見送り1 お見送り2 お見送り3 お見送り4

「今回、参加してみてどうでしたか」と参加者に聞いたところ、「緊張してうまくしゃべれませんでした」「(キャンペーンには当たると思っていなかったので)奇跡だと思いました。本当」「夢のような時間です」と顔をほころばせた。

―― 以上、眠眠打破×NMB48のキャンペーンイベントのレビューでした。

12月には名古屋と大阪で同様のイベントが行われる予定です。また『眠眠打破』の公式サイトでは、MNB48コラボグッズが当たる、新たなキャンペーン情報も告知されているので確認してみてください!

眠眠打破 ブランドサイト[minmin.tv]|常盤薬品工業
http://minmin.tv/ [リンク]

眠眠打破 ニャンニャン屋形船
前のページ 1 2 3
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき