バルサ会長、クラブ残留のメッシに給与カットを要求か…

access_time create folderエンタメ

バルサ会長、クラブ残留のメッシに給与カットを要求か…
ジョゼップ・マリア・バルトメウ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対して給与カットを要求するようだ。14日、スペインメディア『Deportes Cuatro』が報じている。

 今夏の移籍市場での去就が注目を集めたメッシは今シーズン、バルセロナに残留することを発表。しかし、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は同選手に対して給与カットを要求することになるようだ。

 ラ・リーガの決算レポートによるとバルセロナは昨シーズン9800万ユーロ(約123億円)の損失となっており、複数選手の給与の削減に動く必要がある模様。その中でキャプテンを務めるメッシも例外ではないようだ。

 先日のクラブ残留発表ではバルトメウ会長に対する批判ともとれるコメントを残したメッシ。はたしてバルセロナでの最終シーズンとみられる今季、メッシはどのような活躍を見せるのだろうか。


関連記事リンク(外部サイト)

マンU、ベイルをレンタルで獲得へ…本人はプレミア復帰に前向き!?
リバプール、マンUも興味のチアゴ獲得に焦りなし…移籍市場最終週に決定か…
サンプドリアFWクアリャレッラ、日本語を理解せずも『やべっちF.C.』トークに参加

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧