「調査員が調査票を集めて回る作業がなくなる」 令和2年国勢調査でインターネット回答を呼びかけ

access_time create folder政治・経済・社会

5年ごとに行われる国勢調査。2020年の令和2年国勢調査で100周年(21回)を迎えることになり、2020年9月14日から調査票が配布されます。

国勢調査では、日本に普段居住している人・世帯を対象にしており、人口分析や地域行政の規模を法定人口として、議員定数の決定、市や指定都市などの設定要件、地方交付税交付金の配分、都市計画の策定、過疎地域の要件、衆議院議員選挙区の画定などを決定するのに使用されます。

あるTwitterユーザーが、国勢調査にインターネットで回答するように呼びかけるツイートを投稿しています。

すみません最後に本当にこれだけ伝えて去ります
明日14日から、国勢調査の調査票配布が始まりますが、調査票に印刷してあるQRコードを使ってインターネット回答していただけると回答する人も集計する人もみんな幸せになれます インターネット回答は最高です
以上 死にかけの調査員からでした

ツイート主によると、期限の2020年10月7日までにインターネット回答をした場合「調査員が調査票を集めて回る作業はなくなります」といい、調査票が届けられた際に「郵送かインターネット回答か」と聞かれるのは「仮把握のためだけ」で、インターネット回答をしてもOKとのこと。

総務省統計局によると、今回の国勢調査では新型コロナウイルス感染症対策を踏まえ、次のような方法で行うとしています。

・調査書類の配布に当たって、国勢調査員が9月中旬から各御家庭を訪問しますが、一部の地域においては、調査の趣旨等の説明はインターホン越しに行い、調査書類は郵便受け・ドアポストなどに入れて配布いたします。ご不在の場合は、直接、郵便受け・ドアポストなどに入れさせていただきます。
※ 対面での説明が必要となる場合は、一定の距離を保ちつつ簡潔に行わせていただきます。

・世帯の皆様からいただく調査への回答は、10月7日の期限までに、できる限りインターネットでお願いいたします(郵送も可能です。)。
※ この場合、国勢調査員が調査票回収のために訪問することはありません。

インターネット回答の場合、調査書類のなかの『インターネット回答利用ガイド』に記載されている「ログインID」と「アクセスキー」で必要なのが、若干ハードルが高い印象を受けますが、調査票を記入するのが面倒だという人は、こちらを積極的に活用する方が良さそうです。

国勢調査2020総合サイト
https://www.kokusei2020.go.jp/ [リンク]

access_time create folder政治・経済・社会

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧