監視カメラを活用!?お化け屋敷「オバケン」のオンラインイベントが登場!

access_time create folderデジタル・IT

東京都杉並区方南町を拠点とするお化け屋敷「オバケン」は、オンラインイベント「LATE AT NIGHT レイト アット ナイト」(以下、「LATE AT NIGHT」)を発表。株式会社システム・ケイの映像管理システム「SK VMS」などを用いた、観客参加型のイベントとなっている。

実際の一軒家に8台の監視カメラを設置

「SK VMS」は、ネットワークカメラ(IPカメラ)によるライブ映像の録画・共有に対応した映像管理システム。今回の「LATE AT NIGHT」では、同システムを活用する。

イベント参加者は、実際の一軒家に仕掛けられた8台の監視カメラ映像を見ながら、カメラに映るキャストの動きを観察。その上でキャストに助言を出したり、参加者同士で情報を共有したりすることによって、ストーリーが動いていくとのことだ。

「通常公演」「うしみつ特別公演」の2種類が用意されており、それぞれ怖さの異なるストーリーを展開。開催日や料金などはオフィシャルサイトからチェックできる。

リアル・オンライン両方のイベントを手がける「オバケン」とは?

オバケンは、常設予約制お化け屋敷「畏怖咽び家(いふむせびや)」を2017年6月にオープン。また、サンリオピューロランドにおける「ポムポムプリンゾンビランド」や、東京ワンピースタワーにおける「難破船からの訪問者~蘇りしミイラの呪い~」など、人気キャラクターとコラボしたホラーイベントも多く開催してきた。

今回の「LATE AT NIGHT」は、自宅のパソコンから参加可能なオンラインイベントとして、withコロナの時代にはぴったりといえるだろう。イベントの名前通り、秋の「夜更け」にちょっぴり背筋が寒くなるような体験はいかが?

PR TIMES

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧