炎が吹き出ているようなアーチ構造をもつ渦巻銀河「M106」

access_time create folderデジタル・IT
炎が吹き出ているようなアーチ構造をもつ渦巻銀河「M106」

■今日の天体画像:渦巻銀河「M106」

渦巻銀河「M106」(Credit: ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), and R. Gendler (for the Hubble Heritage Team))

こちらの天体は「りょうけん座」の方向およそ2000万光年先にある渦巻銀河「M106」(NGC 4258)です。銀河円盤の直径はおよそ6万光年とされており、中心には太陽の3900万倍の質量がある超大質量ブラックホールが存在すると考えられています。

中心部分の明るいバルジやその周囲を取り巻く青白い渦巻腕は渦巻銀河ならではの特徴ですが、M106では燃え盛る炎が吹き出ているような構造が確認できます。銀河の渦巻腕が星々の集まりであるのに対し、この赤いアーチ形の構造は高温のガスでできているとみられています。

研究者は、M106に存在するとされる超大質量ブラックホールは銀河円盤に対して傾いた方向にジェットを噴出しており、円盤を通過するジェットの衝撃波が水素ガスを加熱していると考えています。ブラックホールの活動により、M106の円盤からは3億年以内にガスが失われると推定されています。

画像は2013年2月5日に公開されたもので、「ハッブル」宇宙望遠鏡に搭載されている「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」「広視野カメラ3(WFC3)」、それに以前搭載されていた「広域惑星カメラ2(WFPC2)」によって撮影された画像をもとに、地上からの観測による色情報を追加したアマチュア天文学者のRobert Gendler氏Jay GaBany氏によって作成されています。

 

Image Credit: ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), and R. Gendler (for the Hubble Heritage Team)
Source: ESA/Hubble / chandra.harvard.edu
文/松村武宏


関連記事リンク(外部サイト)

水星に巨大な渓谷を発見 同惑星の縮小活動を示唆 メッセンジャーのデータより
ブラックホールの静穏化が銀河団の激しい星形成活動のきっかけに?
目立たない、でも研究に役立つ渦巻銀河「NGC 3749」

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧