「鬼尊い」「これは恥ずかしい」 鬼嫁と夫がニックネームで呼び合うマンガがガムシロップ入れすぎ状態だった

access_time create folderエンタメ

文字通りの「鬼嫁」こと美都鬼さんと、夫の友雪くんの異種族婚の日々を描いている大和なでしこさん(@nadeshiko0328)のマンガ『鬼嫁と結婚してしまった結果』(KADOKAWA)。Twitterで公開されている『お互いの呼び方を変えた結果』では、友雪くんが美都鬼さんにニックネームで呼び合うことを提案するというストーリーになっています。

「ねー美都鬼。僕たちも結婚して半年以上経つしさ~お互いをニックネームで呼び合ったりしない?」と友雪くんに言われて、ポテチを食べていた美都鬼さんも「ええやん!おもしろそうやし!」と乗り気に。

「みっちゃん」「とも君」と呼びあったふたり。しばらく無言のままだんだん赤面していき、「い…いつも通りにしよっか、美都鬼…」「せやな!友雪…」とドキドキしてしまい、いつも通りが一番だと気づいたのでした。

幼い頃からの関係というこのふたり。「名前の“美都鬼”“友雪”と呼んでおります。幼少期からこの呼び方をしていたので急に呼び方を変えてこっぱずかしくなってしまったようです」という大和さんのこのマンガには、「鬼尊い」「これは恥ずかしい」「今日もご馳走さま!」といった反応が寄せられていました。

『鬼嫁と結婚してしまった結果』同人版は、海外向け同人誌出版社イロ鳥コミックス「Aqua (アクア)」から英訳が発売されています。大和さんは「日本以外の方に読んでもらえるようになり、そして英語で感想をいただく機会も増えてとても嬉しいです!」といいます。

また、2020年10月23日には、MFコミックスフラッパーシリーズより第2巻が刊行されます。大和さんに見どころを聞くと、「今回の2巻では単行本描き下ろしマンガに二人が久々に再会する話を描いております。幼少期に親友でありお互いが好き同士だった二人、友雪の親の仕事の都合で離れ離れになってしまって10年近くが過ぎ……大学を卒業した友雪は美都鬼に会いたい一心で京都に戻り美都鬼を探す……二人が再会し結婚を決意する話を描いております」というので、ファンは要チェックです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/nadeshiko0328 [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧