ラーメンライター井手隊長の美味しかったラーメン月間ベスト5(2020年8月)

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。今回は私が8月に食べたラーメンの中で美味しかったラーメンベスト5をお届けします! 殿堂入りのお店は除外し、初めて訪問したお店に限らせていただきました。美味しいお店探しの参考にしていただければと思います。コロナ騒ぎでなかなか外食が厳しいという方も多いと思いますが、一日でも早く終息することを願って。

それでは発表します!

第5位:創始 麺屋武蔵(新宿)

“麺屋武蔵”の新宿の総本店のリニューアルのニュースは本当に驚いた。店名が「創始 麺屋武蔵」に。そして、創業当時の秋刀魚節を使ったラーメンに原点回帰した。

「武蔵ら~麺(あっさり)」を注文。具はチャーシュー、角煮、味玉、ネギ、メンマ、ノリ。麺は太め平打ち。

この秋刀魚の味の立ち方は当時唯一無二だった。そして今食べてもやっぱりこれが武蔵の味だなと感じる。

旨い! 感動! 時代を変えた武蔵の貫禄の味が復活。これは必食だ。

第4位:志奈そば 田なか 明神下(末広町)

“志奈そば 田なか”の2号店がリニューアル。千葉の海に住む店主の田中さんが、お世話になっている海への恩返しをテーマに九十九里の煮干しを使ったラーメンを提供。

「にぼたん(1辛)」をいただく。濃厚な煮干しダシに自家製辣油、花山椒を合わせた一杯。芝麻醤は使用せず、濃厚スープが厚みを加えている。麺は国産小麦100%使用のモチッとした平打ち麺。

ほんのり煮干しの香る担々麺は新感覚。八街産のクラッシュナッツもいいアクセント。バランスがしっかり整っていて、濃厚ながらも上品な仕上がり。オススメ!

第3位:ラーメン屋 ジョン(武蔵関)

 

“麺処 ほん田”など名店を渡り歩いていたベトナム人のジョンさんの営むお店。

「特製煮干ラーメンジョン」。具は豚肩ロースチャーシュー、豚バラチャーシュー、鶏チャーシュー、味玉、刻みタマネギ、アオサ、青菜。麺は低加水細めストレート。

スープ、濃厚煮干しのセメント系かと思いきや、清湯で澄んだスープで、煮干の旨味と奥深さがしっかりしていて旨い! 3種のチャーシューもしっかり手が込んでいて見事。追加の「和え玉」も美味しかった。

日本人より日本人な仕事ぶりに感動。

第2位:横浜中華そば 維新商店 みなとみらい店(馬車道)

 

横浜市庁舎“ラクシスフロント”がニューオープン。みなとみらい線・馬車道駅直結。1階のユニオンフードホール内には“維新商店”の初の支店がオープンした。

「特中華そば」を注文。具はチャーシュー、ワンタン、ナルト、味玉、ネギ。麺は極太手もみ麺。スープは生姜の効いた濃い目の醤油スープ。

施設内店でこのクオリティは驚くしかない。まさに本気の一杯だ。本当に旨い。

チャーシューは燻香がして、しっとりとした吊るし釜焼き。ワンタンも旨い。しっかり手もみした麺もちゅるちゅるといい食感。これぞ「横浜中華そば」と呼ぶにふさわしい見事な一杯だ。

第1位:中華そば 堀川(自由が丘)

大阪の豊中にある大人気店が今年1月に自由が丘に移転してきて話題になっている。

「醤油そば」は煮干し+鶏のバランス系。

鶏は比内地鶏、つくば鶏、大山どり、煮干しは長崎、千葉、瀬戸内海、境港など日によってブランドを変えているそう。醤油を立たせ、スープは清湯ながらマイルドで和風の旨味もある。麺は細麺だが、流行りの低加水ではなく、しなやか。非常にうまくまとまっている。

いい感じで焼きの入ったチャーシューも旨い。こちらは岩手の岩中ポークを使用。

そして「いりこそば」は煮干しと水のみという男らしい作り。

こちらもとてつもなく美味しい。動物の厚みや化学調味料にも頼らず、煮干しの旨味と香りだけで引っ張る。大きめに刻んだタマネギも最高。

自由が丘を一気にホットにした新店。これはマストでチェックしよう!

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧