「Fate/Grand Order THE STAGE」新作公演 2020年10月上演決定!

access_time create folderエンタメ
「Fate/Grand Order THE STAGE」新作公演 2020年10月上演決定!


今や全世界で人気のスマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order」。
2020年10月、舞台化第3弾にして集大成となる「Fate/Grand Order THE STAGE -冠位時間神殿ソロモン-」の上演が決定しました。

「Fate/Grand Order THE STAGE」新作公演 2020年10月上演決定!

「Fate/Grand Order THE STAGE」新作公演 2020年10月上演決定!

ロマニ・アーキマン、マシュ・キリエライト、藤丸立香―2015年、3人の出会いから始まる人理修復の旅の軌跡、そして最終決戦となる「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」で明かされる驚きの真実と彼らが紡いできた物語の結末を描きます。

【あらすじ】

西暦2015年、魔術が成立していた最後の時代。

人類の決定的な絶滅を防ぐために設立された人理継続保障機関・カルデアは、とある異変を観測していた。
近未来観測レンズ・シバにより、2017年で人類が絶滅することが証明されてしまった。
カルデアは人類絶滅の原因と考えられる時空の特異点を特定。術者を霊子化させて
過去へと送り込み人理修復を図る禁断の儀式、レイシフトを行うことを決断する。

だが、レイシフト決行のその瞬間、カルデアの中央監視室は何者かによって爆破され、
その目論見は阻まれてしまう。そんな中、難を逃れたカルデア医療部門トップのロマニ・アーキマン、
同じく無傷だった一般人の藤丸立香、事故に巻き込まれながらも英霊と融合し一命をとりとめた
カルデアスタッフのマシュ・キリエライト―ここから3人の物語は動き始める。

ロマニの指揮のもと様々なサーヴァントの協力を得て、「特異点F 炎上汚染都市 冬木」から始まり
七つの特異点の修復を果たしていく藤丸立香とマシュたち。
そして七つの特異点の修復により「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」への道が開かれ、魔術王との最終決戦に挑む。

限られた生をもって死と断絶に立ち向かうもの。

終わりを知りながら、別れと出会いを繰り返すもの。

・・・輝かしい、星の瞬きのような刹那の旅路。

これを、愛と希望の物語と云う。

 

【「Fate/Grand Order THE STAGE -冠位時間神殿ソロモン-」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京プレビュー公演:2020年10月18日(日)
東京公演:2020年10月24日(土)~10月30日(金)

<会場>
東京プレビュー:TACHIKAWA STAGE GARDEN
東京:東京国際フォーラム ホールC

<公演時間>
未定

<料金>
S席10,800円 A席9,800円 B席7,800円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可
※詳細なチケット販売スケジュールは追ってご案内させていただきます。

<出演者>
ロマニ・アーキマン:井出卓也

藤丸立香:新里宏太/髙石あかり(Wキャスト)
マシュ・キリエライト:ナナヲアカリ
レオナルド・ダ・ヴィンチ:舞羽美海

マーリン:瑛(あきら)
クー・フーリン:加藤将

ランスロット:小野健斗
オジマンディアス:本田礼生

ギルガメッシュ:丘山晴己
エルキドゥ:山﨑晶吾

レフ・ライノール:村田充

ソロモン:神永圭佑

<アンサンブル>
加藤貴彦
PASSION
西田健二
増山航平
KiKi
竹井未来望
中野夏奈
野崎みちる
kizuku
佐久本歩夢(BLUE TOKYO)
沙月

海谷ひとみ
工藤博樹
田嶋悠理

<STAFF>
原作:Fate/Grand Order
脚本・演出・作詞:福山桜子
音楽:大塚茜
主催:「Fate/Grand Order THE STAGE -冠位時間神殿ソロモン-」プロジェクト

©TYPE-MOON / FGO STAGE PROJECT


関連記事リンク(外部サイト)

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Meteor Lights~2021年4~5月上演決定!
超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』本日19時より全編無料で上演
舞台版『家庭教師ヒットマンREBORN!』最新作の全メインキャスト&キャラクタービジュアル発表!

access_time create folderエンタメ
local_offer
コンフェティ

コンフェティ

世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ウェブサイト: https://conpetti.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧