【伝説】秘境すぎる秘湯「北温泉旅館」に泊まる / 秘湯レベル最強クラスの温泉プールで癒やされる

access_time create folder生活・趣味

kitaonsen-nasu4

 

那須には無数に温泉が湧いていますが、おそらく那須周辺でもっとも「秘境」「秘湯」といえる最強クラスの隠されし宿がここ。山奥にある、徒歩でしか行けない北温泉旅館です。

 

途中までクルマで行き、止めてから徒歩で山に入り、20~30分ほど急斜面な山道を歩いて谷を降りていくと、行き止まりに北温泉旅館があります。そこにある「音」は風、川、湧き出る温泉、鳥の鳴き声のみ。スマホの電波は届かず、ドコモ、au、ソフトバンク、すべて全滅です。

 

クマが出没する地域なので、その点は注意が必要かもしれません。周辺地域には「クマに注意」との立て看板があります。

 

kitaonsen-nasu1
kitaonsen-nasu2
kitaonsen-nasu
kitaonsen-nasu3
kitaonsen-nasu12
kitaonsen-nasu10
kitaonsen-nasu13
kitaonsen-nasu11

 

北温泉旅館は江戸時代から続く秘湯で、天狗の湯、打たせ湯、露天風呂など複数の温泉に浸かることができますが、もっとも素晴らしいのは温泉プール(通称)。巨大な浴槽に源泉かけ流し。あまりにも湯量が多いのでぬるめ。基本的に水着着用で入るのがルールです。

 

この温泉プールが素晴らしすぎる。大自然の風邪と音を感じながら温泉に浸かれるわけです。雨が降れば雨に打たれながら、雪が降れば雪で火照りを癒やしながら、そして夜中は静寂と暗闇のなかで自然に身を委ねます。今回はお客さんがいないときに温泉プールを撮影する許可を頂きました。

 

kitaonsen-nasu80
kitaonsen-nasu7
kitaonsen-nasu6
kitaonsen-nasu4
kitaonsen-nasu5
kitaonsen-nasu9
kitaonsen-nasu8
kitaonsen-nasu81

 

北温泉旅館の建築物としての価値も高く、江戸時代からそのまま残されている部屋に泊まることもできます。食事も出ますが、炊事場があるので自炊も可能。今回は、道の駅で購入した那須食材や那須で作られた料理などをメインに持ち込みました。味噌じゃがいもウマイ!

 

お酒以外の飲み物や食材、料理は持ち込み可能です。お酒は旅館内で買うことができ、那須の地酒を飲むことが可能です。

 

kitaonsen-nasu28
kitaonsen-nasu29
kitaonsen-nasu26

 

この宿には2匹の猫が棲みついていて、朝になると鳴きながら廊下を巡回して客室に入れてもらおうとしたり、温泉に誘導するなどして道案内をしてくれることもあります。

 

今回も、猫が部屋にやってきました。普段は野外やロビー、休憩室にいるようです。とても人が大好きのようで、抱っこしたり、ナデナデすると喜びます。

 

kitaonsen-nasu18
kitaonsen-nasu20
kitaonsen-nasu15
kitaonsen-nasu19
kitaonsen-nasu23
kitaonsen-nasu17
kitaonsen-nasu16
kitaonsen-nasu24

 

ラグジュアリーなホテルや、快適で画期的な温泉も楽しいものですが、こうして歴史と自然を感じられる秘湯は「ここでしか体験できないプライスレスな何か」で心と体を癒やしてくれます。ちなみに女湯、男湯のほかに、混浴もあります。

 

秘湯が好きな人に心から「行ってほしい」と思える北温泉旅館。あまりにも山奥にあるため、傾斜とカーブが激しい山道を走ることになるので注意が必要ですが、クルマを降りて北温泉旅館までの徒歩移動も非常に傾斜が危険。道の横は崖です。なので、ゆっくりと、転ばないように、一歩一歩注意して進みましょう。

 

 

 

もっと詳しく読む: 秘境すぎる秘湯「北温泉旅館」に泊まる / 秘湯レベル最強クラスの温泉プールで癒やされる(Photrip フォトリップ) https://photrip-guide.com/2020/08/24/kita-onsen-ryokan/

 

 

access_time create folder生活・趣味
local_offer

Photrip フォトリップ

感動の絶景、素敵なホテル、忘れられないあのグルメ。旅に欠かせない色々なことや、ちょっと出かけたいあの場所、いつかは行きたいイベントなどを紹介します!

ウェブサイト: http://photrip-guide.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧