体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレコムスクエアのビジネス世界周遊ルータを東南アジア各地で使用したのでレビュー


shimajiro@mobiler
テレコムスクエアが提供を開始した『ビジネス世界周遊』ルータを、東南アジア4カ国の周遊旅行中にレビュー用に無償レンタルさせて頂く事が出来たので、使用感などなどをレビュー。

■今回の旅行中に訪問した国&都市は以下
・[マレーシア]クアラルンプール
・[マレーシア]ペナン島
・[シンガポール]シンガポール
・[タイ]バンコク
・[タイ]カンチャナブリー
・[タイ]アンパワー
・[インドネシア]ジャカルタ
・[インドネシア]ロンボク島
・[インドネシア]バリ島

今回の旅行では、4カ国 9都市で『ビジネス世界周遊』ルータを利用した。

詳細は後述するけれど、タイを除いて3Gで利用が可能であり、3G固定で使ってもエリア的な問題はほとんど無く、快適に利用する事が可能だったのは意外で、3Gエリアであれば通信環境はおおむね快適だった。

■サービス内容の比較
テレコムスクエアの提供する『ビジネス世界周遊』とdocomoの『海外パケ・ホーダイ』のサービス内容を比較すると以下。

16

テレコムスクエアの『ビジネス世界周遊』ルータのレンタル料金は2,400円/日となっており、docomoの国際ローミングサービス『海外パケ・ホーダイ』と比べて約20%ほど安くなる計算。

今回はレビュー用という事で、ご厚意により無料でお借りする事が出来たけれど、レンタルした場合の通常料金は2,400円/日となっており、docomoの国際ローミングと比べると料金的な部分でのメリットはそれほど大きく無く、利用料金そのものよりも、

・複数の国で利用できるモバイルWi-Fiルータが1台のレンタルですむ
・モバイルWi-Fiルータを持っていなくても、端末毎レンタルが可能
・海外ローミングでのパケ死リスク排除(非対応国で利用した場合は除外)

といったあたりがメリットと言える。

テレコムスクエアのサービスで、利用料金でメリットが大きくなるのは1カ国限定のプランで、中国、韓国、台湾などは1,000円/日以下でレンタルする事が可能。

と言うわけで『ビジネス世界周遊』タイプは、利用料金そのものよりも、端末のレンタルや海外利用に伴う各種設定や調査などの事前準備が不要になるという部分の価値が大きいと思う。

羽田空港 出発ロビーにあるカウンターで受取
羽田空港の出発ロビーにあるカウンターでモバイルWi-Fiルータを受取する。
返却時も同じく出発ロビーにあるカウンターで返却をするので、注意が必要。

成田空港については、出発時は出発ロビーにあるカウンターで受取、帰国時は到着ロビーにあるカウンターで返却が可能だけれど、羽田空港国際線ターミナルでは、受取&返却は両方とも出発ロビーにあるカウンターで手続を行う。

■羽田空港 出発ロビーにあるカウンターで受取

01

ちなみに、今回利用した航空会社はエアアジアXだったのだけれど、エアアジアXのチェックインカウンターとテレコムスクエアのカウンターがすぐ近くにあったので迷わずに助かった(^ ^)

モバイルWi-Fiルータ + enleoopのセットをレンタル
今回レンタルしたのはモバイルWi-Fiルータ + eneloopのセット。

■eneloop + モバイルWi-Fiルータをレンタル

02

外部バッテリであるeneloopは自分で用意したものを別途持っていっているけれど、enleoop自体はモバイルWi-Fiルータに限らず、スマートフォンにも充電することが可能なので、外部の充電手段を持っていない場合などは追加のオプション(210円/日)としてレンタルするといざという時に便利。

eneloopなしで利用した場合、モバイルWi-Fiルータ(MF60)の連続通信時間が5-6時間程度なので『一日中電源をONにして使う』という用途には向かず、eneloopなどの外部電源を利用した方がベターと思う。
⇒モバイルWi-Fiルータの連続通信時間は、端末毎に異なるのでレンタルする際にスペックを確認するなり、カウンターでスタッフに相談するなりをすると確実と思う。

以下、実際に各地で使用したレポート。

マレーシア:クアラルンプール空港着陸後すぐに使える
モバイルWi-Fiルータをレンタルするメリットは『現地に到着して電源を入れて、Wi-Fi接続するだけで繋がる』という手軽さで、空港に到着してから入国審査に向かう間や、入国審査を待っている間にも通信を利用する事が可能。

エアアジアXの羽田 ⇔ クアラルンプール便では、クアラルンプール国際空港到着後にターミナルまで歩いて移動するけれど、ターミナルに歩いている間にモバイルWi-Fiルータの電源を入れて、すぐに通信する事が可能になるのは、現地でプリペイドSIMを入手するのと比べて手軽であり、現地到着(というより着陸後)すぐに通信が可能という安心感がある。

■クアラルンプール国際空港に着陸後すぐに利用する事が可能

03

※画像では右下のステータスが切断中になっているけれど、この後すぐに通信する事が出来た。

特に個人旅行の場合、現地空港でのプリペイドSIMの入手が難しい場合は、ホテルまでの移動するのにも難儀する事があるし、到着が夜遅くになってからだと、諸々のリスクが高まるので、早いうちに通信手段が確立しているのは安心(^ ^)

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。