AppleがVRで「現実の物体とぶつからない」特許

access_time create folderデジタル・IT
AppleがVRで「現実の物体とぶつからない」特許

VRを楽しむ人々を外から撮った動画はなかなか愉快なもの。転んでしまうもの、コードに引っかかってしまうもの、そして現実の物体にぶつかってしまうもの、などなど。しかしこれらは本来危険な状態です。Appleは、将来的にこんな問題を解決する方法を考え出しました。

AppleInsiderが見つけた特許によれば、Appleは現実の物体との距離を決定できるVRシステムを開発したとのこと。同社はすでにiPhoneなどを用いてARで距離を測るアプリをリリースしていることを考えると、こうしたシステムを作れることも不思議ではありません。

特許にはこうあります。「VRデバイスはさらに、デバイスが物理的な物体との第1の閾値距離に近づいたかどうかを決める。デバイスが近すぎると判断した場合、VR環境に視覚効果を表示し、障害物の存在をユーザーに知らせる」

さらにユーザーが警告を無視し続けると、ビデオのシースルー機能がオンになり、ユーザーが周囲の状況を確認できるようになります。これにより、テレビにぶつかったり、椅子につまづいたりするのを防げるということです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら


関連記事リンク(外部サイト)

AppleにiPhone持って行くだけで、新iPhoneを最大6万2060円値引き。「Apple Trade In」がアツい?
常時点灯で使いやすく、バッテリー持ち変わらず18時間の新Apple Watch。4万2800円~で9月20日発売
トランプ大統領、Amazonに宅配料を2倍にするよう働きかける

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧