体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タッチペンとアンテナの場所おかしくね!?いいえ、これでいいんです!au向けのシャープ製タブレット「AQUOS PAD SHT21」を写真と動画でチェック【レポート】


IGZOも搭載した「AQUOS PAD SHT21」は買いだ!
既報の通り、KDDIは17日、au向けの「2012年冬モデル」発表会を都内で開催し、シャープ製の「AQUOS PAD SHT21(アクオス・パッド・エスエイチティーニイチ)」(以下、SHT21)を2012年12月中旬に発売すると発表した。

同発表会の展示会場にてSHT21を試すことができたので写真と動画で紹介する。

121017_aquos_pad_02_960

本体正面(左)と背面(右)
本体のサイズは、暫定値で約106(W)×190(H)×8.9(D)mm、質量も約280gになる予定。ディスプレイは約7インチのWXGA(1280×800ドット)で低電力かつ鮮やかな「IGZO」を搭載する。カラーバリエーションはフィールブラックの1色展開となる。

121017_aquos_pad_03_960

本体正面向かって左側面(上)と右側面(下)

121017_aquos_pad_04_960

本体上部側面(上)と下部側面(下)

121017_aquos_pad_05_960

ワンセグ視聴用のアンテナを伸ばしたところ

121017_aquos_pad_06_960

スタイラスペンも収納可能
本体向かって左側面にはボタンや端子類はなく、右側面に電源キーと上下キーを搭載。本体上部にはワンセグ視聴用のアンテナとスタイラスペンを収納できる穴があり、本体下部側面には、microUSB端子、au ICカードスロット、microSDカードスロットを備え、microSDカードは最大64GBのmicroSDXCまで対応する。それぞれの端子、スロット部はカバーがある。

3.5mmイヤホンジャックは非搭載となっているがmicroUSB端子用の3.5Φ変換ケーブルが付属する。

121017_aquos_pad_07_960

端子、スロットのカバーにはパッキン

121017_aquos_pad_08_960

背面のカメラ部分

121017_aquos_pad_09_960

背面下部
IPX5/IPX7等級の防水性能とIP5Xの防塵性能に対応する。そのため、側面のカバーには液体の浸入を防ぐパッキンが取り付けられている。

背面のメインカメラは約808万画素の裏面照射型CMOSを搭載。カメラ周辺にはライトやスピーカーを備えてる。おサイフケータイ(FeliCa)には対応しないが、NFC(Near Field Communication)には対応する予定。背面の下部には「4G LTE」のロゴが見えるように、高速通信LTE(Long Term Evolution)に対応している。また、前面にはサブカメラとして約31万画素のCMOSを搭載している。

121017_aquos_pad_10_960

設定画面のストレージ(左)と端末情報(右)
Androidのバージョンは4.0.4(開発コード名:Ice Cream Sandwich;ICS)を採用。CPUは1.5GHz駆動のMSM8960デュアルコア、内蔵メモリはROMが約16GB、RAMが1GBを搭載する。

無線周りは、auの4G LTEおよびWIN HIGH SPEEDをサポート、国際ローミングのグローバルパスポートには対応しない。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/nに対応、テザリングは最大同時接続台数が10台。BluetoothはVer. 4.0をサポートしている。

おサイフケータイ、赤外線通信、グローバルパスポートには対応していない点を覚えておくといいだろう。

121017_aquos_pad_11_960

ホーム切り替え
シャープ製のスマートフォン、AQUOS PHONE同様、「3ラインホーム」を搭載しており、Android標準の「ランチャー」と切り替えができる。AQUOS PHONEでは搭載されている3ラインホームと異なるシャープ製のホームアプリは搭載されない予定。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。