原田珠々華『サイダー/泣きたい夜に』8/12 配信リリース

access_time create folderエンタメ

原田珠々華『サイダー/泣きたい夜に』8/12 配信リリース

18才のシンガーソングライター原田珠々華(はらだす ずか)が、2020年8月12日(水)0:00より”サイダー/泣きたい夜に”をデジタルリリースする。

本作はギタリストとして原田のライブサポートも務める山本幹宗がプロデュースを手掛けており公式YouTubeチャンネルでは”サイダー”のMVも公開されている。

MVは映像作家のスミスを監督に迎え、「ひとりぼっちの夏休み」を自由に満喫する原田の爽やかで元気な姿を切り取った作品に仕上がっている。

リリースにあたり原田からコメントが到着している。(三)

原田珠々華コメント
この度、「サイダー」そして「泣きたい夜に」という曲をデジタルリリース致します。どちらも去年書いた歌ですが、短 い時間の中でも思考や曲の作り方は変わっていきました。今の自分では書けないなと思う 2 曲を、こうして沢山の方 に聴いて頂ける機会が出来たことも、過去の自分が作った曲に今、自分自身も共感できるようになったこともとても 嬉しいです。「泣きたい夜に」はひとり寂しい夜に灯火を、「サイダー」は MV も合わせ”爽やかで明るい夏”を感じて頂 けたら嬉しいです 。

「サイダー」Music Video URLはこちら
https://youtu.be/caTCT8p7ZwQ

【リリース情報】

●アーティスト:原田珠々華 ●タイトル:サイダー/泣きたい夜に ●発売日:2020 年 8 月 12 日(水) ●品番:HS-0046 ●レーベル:TOWER RECORDS ●収録曲数:4 曲
1. サイダー 作詞・作曲:原田珠々華 編曲:山本幹宗
2. 泣きたい夜に 作詞・作曲:原田珠々華 編曲:山本幹宗
3. サイダー(Instrumental)
4. 泣きたい夜に(Instrumental)

■プロフィール
2002年神奈川県生まれ、18歳。
幼少期よりモデル・タレントとしての活動をスタートし、2016年、中学2年生の時にアイドルグループであるアイ ドルネッサンスに加入。2018年2月のグループ解散まで多くのステージで活躍。グループ活動時よりギターに目覚め、 SNSでカバー曲の弾き語り映像を発信し続ける一方、ソングライティングを開始。叙情性を感じさせる伸びやかな歌 声で、日常にある些細な経験や、等身大にある気持ちをまっすぐな言葉で伝える。
アイドルもシンガーソングライターも網羅する活動を目指し、2018年夏、ソロシンガーとしてギターを携えステー ジに登場。同年11月、ロックバンドThe Cigavettesの元メンバーで、現在はくるりや銀杏BOYZのサポートギタリス トとして活躍している山本幹宗を音楽プロデューサーとして迎えて制作されたデビュー曲「Fifteen」をデジタルリリ ース。
Zepp DiverCityにて開催された「タワーレコード新宿店20周年祭 LIVE FUTURE OF BASIC ~」では、くるり、 ハンバート ハンバートのオープニングアクトとしてイベント出演。
同年12月には初のワンマンライブを東京・渋谷 WWW(BAND SET)、下北沢GARDEN(Acoustic Set)にて開催。 「Fifteen」「Moon Light」「プレイリスト」3作のデジタルリリースを経て、2019年4月1st Mini Album『はじめて の青』をリリース。
8月には2度目のバンドワンマンライブを実施した。
また、同年 配信シングル「Sixteen」をデジタルリリース。 2020年春、大阪・名古屋・盛岡・仙台・横浜・広島・福岡・新潟を回るカフェライブツアーを開催した。


原田珠々華『サイダー/泣きたい夜に』8/12 配信リリース
access_time create folderエンタメ
local_offer

OTOTOY

ハイレゾ音楽配信/メディア・サイト。記事も読めるようになったアプリもよろしくどうぞ。

ウェブサイト: http://ototoy.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧