「第2回 タムロン 鉄道風景 Instagramコンテスト 2020」 審査結果を発表!

access_time create folderデジタル・IT

株式会社タムロンは、Instagramを通じて写真を楽しまれている方を対象とした「第2回 タムロン鉄道風景 Instagramコンテスト 2020」の審査結果を発表した。大賞は、@nishikaze3578 さん。

このコンテストは鉄道を含む風景やスナップ作品に「#タム鉄フォトコン」のタグをつけ、スマートフォンからでも気軽にご応募できる Instagram限定のフォトコンテスト。 2020年6月15日(月)〜7月17日(金)にかけて募集していた。

鉄道写真家 の杉山 慧 (すぎやま さとる) 氏 が 審査を実施。
応募総点数 「#タム鉄フォトコン」のタグを付けて投稿された数 約8,000点の中から大賞1点、準大賞3点、入選15点、タムロン賞1点の 全入賞作品20点が選出された。結果発表詳細はタムロン 公式ブログを参照ください。

なお、プリント応募の「第13回 タムロン鉄道風景コンテスト」は作品募集中で、締切は2020年8月25日(火)まで(消印有効)。地域の活性化と鉄道文化、写真文化の振興に貢献することを目的として2008年から「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」 (以下「 タムロン 鉄道風景コンテスト」) を開催し、多くの鉄道ファン、写真ファンから応募されている。
コンテストの詳細についてはこちらから。

<募集結果 >

応募作品数 「#タム鉄フォトコン」のタグを付けて投稿された数 約 8,000点

<大賞作品 >

大賞 @nishikaze3578 さん


大賞 @nishikaze3578 さんの作品

<選評>

JRの企画切符のポスターなどに何度も登場し、すっかり有名になった予讃線の下灘駅。今や多くの方がインスタ映えを求めて訪れますが、こちらのように多重露光を用いた作品は斬新です。
多重露光という手法そのものは昔から行われてきましたが、刻一刻と日没が迫り、明るさや色味、雲の形などが変わりゆく駅で 、思い通りに撮影するのは容易ではありません 。しかし見事に仕上がっています。おそらく、事前に綿密な打ち合わせを行って、撮影されたのでしょう。 二人の親密な関係が伝わってくる距離感やポーズの取り方や、人物と景色の重ね方もよく考えられています。この二人がどのような思いで景色を見ているか、もし自分が誰かとそこに座ったらどんな会話をするだろうか。この作品は見た人に様々なイメージを抱かせてくれると思います。
努力・経験・技術・発想力・運(天候など)の全てが上手く噛み合って、非常に完成度の高い作品に仕上がっています。

<審査員プロフィール>


杉山 慧(Satoru Sugiyama)

1992年静岡県生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ネコ・パブリッシング「レイル・マガジン」編集部で、編集経験を積んだのち、鉄道写真事務所レイルマンフォトオフィスに入社。同社を2018年に独立した後は、編集・カメラマン経験を活かし、写真撮影のみならず文章の執筆も一手に引き受ける「二刀流カメラマン」として活躍中。2019年には初の個展となる「走れ! グリーンストライプ! 特急『踊り子』号」写真展を開催


関連記事リンク(外部サイト)

ルミナー4 日本語版 数量限定特典付パッケージが2020年8月13日(木)より発売
高速シャッターとストロボで停める「水しぶき」。コツは背景選び?
【ニコンミュージアム】 ニコンF3誕生40周年記念展示を2020年8月4日(火)より開催

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
PICTURES

PICTURES

PICTURES(ピクチャーズ)は、玄光社が運営するものづくりを刺激するウェブマガジン。写真・映像・イラスト、本など、クリエイティブの最新情報が満載。

ウェブサイト: https://genkosha.pictures/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧