徳島対長崎戦は「予定通り開催決定」。再検査の対象者と濃厚接触疑いの者は自宅待機に

access_time create folderエンタメ
徳島対長崎戦は「予定通り開催決定」。再検査の対象者と濃厚接触疑いの者は自宅待機に

判定不能だった一人の再検査結果は試合前後に判明。上位対決、試練の一戦に。

 J2リーグの徳島ヴォルティスは8月8日、同日19時から鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで開催予定の10節V・ファーレン長崎戦について、予定通り開催することが決定したと発表した。新型コロナウイルスの検査判定を受けて、Jリーグ、徳島、長崎の三者で試合開催について協議を行ってきた。

 徳島は選手1人が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、6日、クラブ独自にトップチームの選手・スタッフ49人を対象にPCR検査を実施した。7日に検査結果が分かり、陽性反応が確認された選手と濃厚接触者と判断されていた2人は「陰性」と判定された。 また、その他の選手・スタッフのうち1人が、検体不足などの理由で判定不能になり、再検査の対象となった。

 その1人の再検査結果は8日の長崎戦の開始時刻前後に判明する可能性が高く、再検査の対象者とその濃厚接触が疑われる者については、大事をとって自宅待機の措置を取ることとなった。 また陽性反応が確認された選手は病院で経過観察を行い、その濃厚接触者2人については自宅待機としている。

 こうした対応を取り、Jリーグ、徳島、長崎による協議の末、試合を予定どおり開催することが決まった。

 今季は降格はなく、昇格プレーオフも実施されないが、J2の上位2チームには自動昇格の権利が与えられる。しかも、今回は重要な上位対決。昨季昇格プレーオフ決勝で涙を飲んでいる徳島にとっては、試練の一戦となる。

注目記事:ジダン監督が待つ、久保建英は2021年レアル・マドリード復帰へ

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

【鹿島】東京・横浜からひとっ飛び30分!ヘリコプター観戦プラン再開、料金は一人25万円から
【G大阪】J1最多出場更新の遠藤保仁は「いつも通り『いい試合をしたい』と思って試合に入った」
そもそもサッカーは「濃厚接触」か? 専門家が見解を示す。プロ野球とJリーグ合同の新型コロナ対策連絡会議で

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧