つみたてNISAで初めての投資信託!8ヶ月間運用した結果とは?

access_time create folder政治・経済・社会

銀行の預貯金ではなかなかお金が増えていかないため、将来のために投資を始めたいと思っている人は多いのではないでしょうか?FP2級を持つ私が運用しているのは、楽天証券のつみたてNISAを利用しての投資信託、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」です。今回は、8ヶ月間の運用結果と初めての投資信託デビュー体験記を紹介します。

私が楽天証券のつみたてNISAに決めた訳

私は常々、銀行の預金通帳に「利息 ○円」という小銭程度の金利が入っているのを見て、「普通預金は、ただ預けるだけだな」と感じていました。そんなときNISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)が開始され、少しでも安全に増やせるのなら挑戦してみようかなと思ったのです。

NISAは一定額までの投資の利益が非課税に、iDeCoはそれにプラスして掛け金が所得控除になるといったお得な制度。私のように、NISAやiDeCoのスタートをきっかけに投資信託を始めたという人もいるのではないでしょうか。

そして、私は数ある中から、楽天証券のつみたてNISAを選びました。詳しい理由は以下の通りです。

楽天ユーザーにおすすめの楽天証券

私は、楽天カード、楽天市場、楽天銀行など、楽天経済圏を数多く利用しています。そのため、楽天証券で積立投資信託を購入するときに楽天カード決済を選択すると、100円につき1ポイントがもらえる楽天証券にメリットを感じました。

また、毎月の積立金にポイントが使えるところも魅力。無駄にしてしまいがちな期間限定ポイントも、余すことなく利用できますよ。投資信託でのポイント投資を利用することで、楽天市場でのポイントも+1倍になるので、良いこと尽くしです。

つみたてNISAならメリットたくさん

「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」とは、毎年40万円(最長20年間)まで、投資で得た利益に対する税金が無料になる制度です。購入できる商品は、ノーロード(販売手数料ゼロ)で信託報酬が一定水準以下などの長期の積立に適した投資信託が対象。商品数があらかじめ絞られているので、どれを買えば良いかわからないという投資初心者でも選びやすくなっています。

私は、長い時間をかけてお金をゆっくり育てたいなと考えたので、つみたてNISAをセレクトしました。初めての投資なら、つみたてNISAやNISA、iDeCoなどの、運用利益が非課税になるものを使うのがおすすめです。

参考:楽天証券 、金融庁 つみたてNISAの概要

「8ヶ月間、月々10,000円をつみたてNISAで運用した結果は…?」


関連記事リンク(外部サイト)

「マスク美人」をつくる!マスクしても崩れないメイク方法を解説
銀行の預金利率の推移からわかる 未来のお金の育て方
2020年どう変わる?「つみたてNISA」をわかりやすく解説!

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
moneliy

moneliy

マネリーは、お金・投資に興味ある方のための情報メディアをコンセプトに働く女性に、未来への投資を提案・サポートするというミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。ライフ・マネーケア・セミナーの3カテゴリーに分け、おカネに関して知る・学ぶ・運用するまでを、一貫して発信していきます

ウェブサイト: https://moneliy.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧