【群馬】大前元紀が初ゴール。ラストプレーのCKから劇的決勝弾「全員で粘り強く戦えた」

access_time create folderエンタメ
【群馬】大前元紀が初ゴール。ラストプレーのCKから劇的決勝弾「全員で粘り強く戦えた」

千葉に2-1。奥野監督も「記憶にない展開。何よりチーム全員がハードワークをした成果」と選手たちを称賛。

[J2 9節] 千葉 1-2 群馬 / 2020年8月2日/フクダ電子アリーナ

 J2リーグ ザスパクサツ群馬のFW大前元紀がジェフユナイテッド市原・千葉戦、前半アディショナルタイムにPKによる今季初ゴールを奪取。さらに後半ラストプレーではコーナーキックのキッカーを担い、小島雅也の劇的な逆転決勝ゴールを演出してみせた。いずれもアディショナルタイム、2ゴールに絡む活躍で、チームに勢いをもたらした。

 今季大宮アルディージャから電撃移籍。10番をつける群馬の新エース大前が、勝利につながる仕事で貢献した。

 主導権を握られたアウェーチームは35分、山下敬大にスーパーゴールを決められてしまう。それでも次第に挽回していくと、アディショナルタイム、スルーパスから抜け出した白石智之が相手に倒されPKを獲得。ペナルティスポットに立った大前は、ゆっくり時間をかけてGK新井章太と駆け引きして、完全に逆を突くシュートを沈めた。

 後半も千葉の猛烈を受けながら、後半から投入された林陵平や大前が前線で脅威を与えていく。そして後半アディショナルタイム――ラストプレーだった。

 大前の右コーナーキックが、競り合いからファーに流れる。そこに待っていた小島が「練習からあそこに来るのを狙っていました」と右足で突き刺し逆転! 群馬の10番が、新天地での初ゴール、さらに決勝点も演出して、劇的な今季2勝目に導いた。

 大前は試合後のオンラインによる記者会見で、次のように語った。

「素直に嬉しい。チームとして粘り強く守り勝つことができました。(自身今季初ゴールとなる)PKの場面は、落ち着いて蹴ることができました。あそこで1点取れて、イケイケで前半を折り返せたのは良かったです。最後(逆転ゴール)も、みんなの気持ちで点を取れたと思います。最後まで粘り強く守った結果がつながったので、泥臭く次の試合も、しっかりみんなでハードワークをして勝利を目指したいです」

 また群馬の奥野僚右監督は、「前半・後半ともにアディショナルタイムのゴールでの勝利とは、記憶にないぐらいの展開です。何よりチーム全員がハードワークをした成果。全員が献身的に勝利のために体を張ってくれたことが、最後、山下選手の前にボールが転がってきたと思います。全員で拾った、全員で勝ち取った勝点3でした」と喜んだ。

 群馬は今季これまでホームで開幕から5連敗中だ。まだサポーターに勝利を届けられずにいる。次節8月9日は好調なギラヴァンツ北九州を迎え撃つ。大前のこの日のような……いやこの日以上の活躍が期待される。

注目記事:久保建英のレンタル移籍、総額「6億円」。レアル・マドリードの設定に小規模クラブ撤退か

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

ミズノが高反発新素材搭載の新製品発表。松岡修造さん「もう他のシューズを履けない」
【浦和×清水スタメン発表】CBデンが先発復帰、負傷の興梠はメンバー外
【鹿島】杉岡大暉がCBで無失点「計算の立つ選手になっていきたい」

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧