メジャーリーガーが子どもたちに伝えたい大切なこと

access_time create folder生活・趣味

メジャーリーガーが子どもたちに伝えたい大切なこと

「将来就きたい職業ランキング」〔2019学研ホールディングス調べ〕でYouTuberが1位となり、サッカー選手が2位、野球選手は3位となったが、まだまだプロスポーツ選手に憧れる男子小学生は多い。ド派手なMLBの舞台で奮闘するメジャーリーガー・平野佳寿投手は、子どもたちが正しい価値観を持って夢に向かって挑戦するためにも、まずは大人が“プロの世界”について理解をしなければいけないと言います。

※本記事は、平野佳寿:著『地味を笑うな』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

ニュースでわかる「派手」と「地味」

もしも「地味とは、泥臭く地道な努力の積み重ね。派手とは、ほんの一部の選ばれた天才たちの世界」という印象を持たれているとしたら、それは理解不足です。なぜなら「派手」でいることもまた、大変な努力と労力が必要だから。

現在では、NHK・BS1で夜11時から放送されている『ワースポ×MLB』などでメジャーリーグの試合もたくさん報道されるようになっています。本当にありがたいことです。

そこでメインに取り上げられるのは、言わずと知れた「派手」なスーパースターたち。限られた時間でのことなので、これはまあ当然のこと。

先発したピッチャーが5回、6回と投げたあいだにどんな三振を奪ったか、どんな風に配球したかを丁寧に追っていきます。

またスタメンで出場する野手がいれば、4打席、5打席の内容を紹介。そうすれば、どうしたってそれなりの時間が割かれることになります。

パイオニアとなった野茂英雄さんもそうでしたし、松井秀喜さんやイチローさんもそうでした。いまであればマー君(田中将大)や大谷くんはスーパースターとしてたっぷり時間をかけて伝えられています。ただ「天才」である彼らが、苦もなくその地位にあると思ったら、それは大いなる勘違いになるでしょう。

ちなみに、僕の試合映像も流してもらえますが、その時間はだいたいにして短いものです。地味な中継ぎだから仕方がありません。ですが、不思議なのはビシッと抑えたときは数秒しか流れないのに、打たれて失点でもしたら、いつもよりずっと長い時間をかけて「平野が打たれた」と報じられることです。

アメリカでも大活躍された上原浩治さんが「中継ぎや抑えは、打たれないとニュースにならない」とおっしゃっていましたが、本当にそのとおりです。

「派手」な人も陰ではコツコツ努力をしている

ニュースでの僕の地味な扱いについてはいいとして、スーパースターたちの話に戻ります。彼らがたぐいまれな強靱な体と、才能に恵まれているのは事実だと思いますが、それだけで成功をつかんだわけではありません。

慢心してしまう人は、つかみかけたチャンスを簡単に手放してしまいます。どんなに恵まれた資質を持っていても、努力なしでのぼりつめることなどできませんし、ライバルたちを圧倒しつづけることもできません。

ひょっとしたら、彼らはゲーム開始直前にフラッとスタジアムにやってきて、パカーンとホームランをかっとばしたり、時速160キロの速球を投げたりして、颯爽と帰っていくのではないのか――そんなふうに思うかもしれません。


▲「派手」な人も陰ではコツコツ努力をしている イメージ:PIXTA

しかし、そんなマンガみたいな話は、実際にはあり得ません。どんなトップ選手でも、早くからスタジアムに入って、黙々と自分のルーティーンを守って十分な準備をしているのです。シーズン中だって体調を整えるために、栄養に気を遣い、計画的なトレーニングも欠かしません。

もっといえば、1月から自主トレをはじめ、2月にはキャンプインして、シーズン開幕に備えるわけですから、シーズン中だけでなく、ほぼ一年中とてつもなく地味な調整と準備を行っています。どんなに派手に見えても、本当のところはかなり地味な世界にいるのです。

もうひとつ思うのは、誰がどう見ても派手な世界に生きている人の中には、本来「地味な人」を目指していたのに、結果的に派手な存在になった場合もあり得るということです。

たとえばイチローさん。恵まれた体格というわけではなく、卓越した技術と俊足を生かしてコツコツと安打を積み重ねていくプレースタイルは、ホームランと比べれば地味かもしれません。求道者のような性格からも、地味を望むタイプなのではないかと思います。

しかし、たぐいまれなる努力の結果、誰にも真似のできないバットコントロールを身につけ、本人は望まずとも、ド派手なスーパースターになりました。

派手な世界で輝いているスーパースターは、そうは見えなくても人から見えないところで地味な努力を重ねています。プロだから、それがあまり見えないのです。プロとして当たり前のことすぎて、誰もそんなことをアピールしません。

笑ってしまうぐらい別次元のプレーをあっさりとやってのけるスーパースターたちを見ていると、住んでいる世界が違うとさえ思いますが、彼らはけっして才能だけでやっているわけではありません。

その点は勘違いしないでほしいですし、どの世界でもそれは同じなのではないかと思います。

「楽をしたい」と憧れることへの違和感

僕はあまりデジタルの世界のことは詳しくありません。

だから、ニュースなどで「子供たちの憧れの職業はユーチューバー」なんていう話題を聞いても「そうか、いまはスポーツ選手ではないのか」と思うぐらいでした。

ところが、なぜユーチューバーに憧れるのか、その理由は聞き流せませんでした。

楽して有名になれて、お金も稼げるから。

子供の口から出たその言葉を聞いて驚き、少し残念に思いましたね。

「有名」や「お金」はまだいいです。子供らしいストレートな感覚だと思いますから。ですが、なぜ子供たちが「楽をする」ことに憧れを抱くのだろう……そこには違和感がありました。

もちろん、ほかのすべてのことと同じように、子供に罪はありません。子供がやることは、大人たちの投影でしかないからです。そうした子供の価値観は、知らず知らずのうちに大人が植え付けているものなのです。

僕らが子供のころはプロ野球選手と決まっていました。日差しを避けるためのキャップは、それぞれ自分が応援するプロ野球チームの野球帽が当たり前でした。

もう少し下の世代になると、今度はJリーガーを目指す子が増えてきます。スポーツだけでなく、音楽や勉強や読書に没頭する子もいましたし、みんなが夢を見ていたように思います。

たとえば夢中になって読んだマンガでも「努力すれば夢は叶う」ことを教えてくれるものが多かったですよね。

プロ野球選手は、たしかに有名でお金も稼いでいたのでしょう。無意識にそういうことにも憧れが向いていたかもしれませんが、あの時代の子供たちが「有名・お金」のためにプロ野球選手を夢見たとは思えません。

「楽して」ではなく「好きなことをして」という意味はあったと思います。少なくとも、努力をしないことを肯定的にとらえることはなかったでしょう。

楽に見える仕事でも努力は必要と教えるべき

先にも書いたとおり、子供たちが「楽して有名になれてお金も稼げる」ということを目指したいと思うのであれば、それは間違いなく世の中の大人たちの価値観がそうなっていることを意味しています。

地道な努力を重視しない。その過程で成長していくことの価値を認めない。

そんな地味を笑う風潮が「楽して儲ける」のを理想とする心の貧しさを生み出しているのだと思います。

僕は、それが少し残念なのですが、そんな感覚は時代遅れなのでしょうか。


▲楽に見える仕事でも努力は必要と教えるべき イメージ:PIXTA

ところで、僕は子供たちが言うほど人気ユーチューバーが楽な仕事だとは思いません。多くの人に見てもらい、楽しんでもらうためには、相当な努力をしているはずだからです。

お笑い芸人でもミュージシャンでも、その道のプロとして「派手」な活躍をしている人たちに限って、見えないところで努力と準備を怠らずにやっているはずです。それもやはりどの世界でも同じだと思うのです。


関連記事リンク(外部サイト)

平野佳寿 「派手」な人が輝ける理由…だから僕は「地味」でいい
マリナーズ・平野佳寿投手が自著に込めた「地味ではない尊き想い」
ボールが前に飛ばない。小笠原道大がぶち当たったプロ1年目の壁

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧